写真生活 on Line

カメラと写真を楽しむ豊かな生活、そして鳥が大好き

日本 散歩コースの不明な鳥

f:id:photolifenet:20180224233359j:plain

 岐阜市近郊にある自宅周辺は、山や川のある自然豊かな場所です。ですから自宅の窓からも近くを訪れる野鳥や、時にはサルやテンなどの獣を観察することができます。
 お天気の良い日は周辺の散歩に出るのを日課としているのですが、その時には必ずカメラを持ち出します。それは散歩コースの途中でたくさんの野鳥に出会うことができるため、それをカメラに収めたいからです。

f:id:photolifenet:20180224233423j:plain

 こうした散歩を繰り返えし、より一層周りを観察していると、これまで見逃していたと思われる動物たちを発見できるようになりました。これまでこんな身近にキツネやテンなどが生息しているのを知りませんでした。
 野鳥についても同様で、これまで思いもしなかった種類に出会っています。例えば、空を舞っているのはトビだけでなく、時にはオオタカだったり、ハイタカだったり、ノスリであることを知りました。
 また、自宅すぐ近くの根尾川に、マガモカワアイサがいることを知ったのは、ほんのここ数年のことです。

f:id:photolifenet:20180224233439j:plain

 散歩などを通して周りをより注意深く観察することによって、身近に本当にたくさんの生き物たちが生きていることを知るようになったのです。
 さて今日の写真ですが、今年1月13日の雪のある日の散歩で見かけた鳥ですが、これの種類を特定できていません。手持ちの図鑑には載っておらず、似た様な鳥も見当たりません。ベリーズにはこれによく似た鳥がいたのですが。
 3枚目の写真は、この不明の鳥と同じ木の近くにいたヒヨドリです。明らかにヒヨドリとは違いますね。

f:id:photolifenet:20180224233322j:plain

 使用機材のカメラはSony Cyber-shot RX10 Ⅳ 。大きな写真の撮影データは、焦点距離220mm、35ミリ版換600mm、ISO 400、F5.6、1/1,000sでした。また、大きな写真はクリックして更に大きく見ることが出来ます。