写真生活 on Line

カメラと写真を楽しむ豊かな生活、そして鳥が大好き

f:id:photolifenet:20180310224419j:plain

 日本で中米の国と言えば、パナマの国名以外あまりなじみはないと思いますが、その中でもベリーズという国があることをご存知の方は少ないと思います。中には国名だけはご存知でも、それがどこにあるかまでは難しいと思います。
 そんな日本ではマイナーなベリーズですが、国土の広さは日本の四国より少し大きい程度、その中で人口はわずか36万人。

f:id:photolifenet:20180310224431j:plain

 公用語は中米で唯一の英語ですが、近隣諸国のグアテマラホンジュラスエルサルバドルなどからの人の流入により、いたるところでスペイン語が話されています。肉体労働者や家庭内雇用の人たちはスペイン語しか話せない人もいます。
 国内の主な産業はサトウキビやバナナ、柑橘類栽培の農業ですが、近年は観光に力を入れています。実はベリーズは豊富な観光資源を持っているのです。
 その一つが今日の写真の背景となっている、かつてのマヤ文明が造り上げた数々の遺跡です。その一つがこのピラミッド。

f:id:photolifenet:20180310224445j:plain

 写真は、この国で最大の都市であるベリーズシティから車で1時間ほどの距離にある、マヤ遺跡が残るアルツンハ公園です。1枚目の写真は園内で最も高いピラミッドの頂上で、周りに見える石積みは、建設当時のほぼオリジナルのままです。
 2枚目の写真は、園内で下から2番目の低いピラミッドですが、写真の通りきれいに復元され、建設当時の美しい姿を見せています。
 ベリーズでは、この国にあるピラミッド遺跡のすべてに登ることが許されており、こうして紀元前から栄えたと考えられているマヤ族の遺産を、手軽に身近に親しむことができるのは貴重な経験だと思います。

f:id:photolifenet:20180310224403j:plain

 使用機材のカメラはSony α57、レンズは Sony DT55-300。大きな写真の撮影データは、焦点距離55mm、35ミリ版換算82mm、ISO 400、F6.3、1/200sでした。また、大きな写真はクリックして更に大きく見ることが出来ます。