写真生活 on Line

カメラと写真を楽しむ豊かな生活、そして鳥が大好き

日本 つくしと山吹と桜

f:id:photolifenet:20180407224932j:plain

 今日の写真は、今月の3日に岐阜市近郊にある自宅近くで撮った、麦畑のあぜ道に生えているつくしと、自宅庭に咲いた山吹、そしてやはり散歩コースにある桜の木の3枚です。
 わずか4日前にはこんなに満開だった桜は、現在すでに散ってしまい花びらはもうありません。でもつくしと山吹は今でもそれほど変わっていません。

f:id:photolifenet:20180407224946j:plain

 桜は一斉に美しく咲きますが、散るときも一斉に散ってしまい、その期間の短さ、潔さ、命の短さが桜の美しさを更に引き立たせているのだろうと思います。それが日本人の心に響くのか、桜は日本人に本当に愛されていると感じます。

f:id:photolifenet:20180407225002j:plain

 日本には四季があり、その移り変わりと共に景色も見事に変わります。桜はその景色の中でも最高のハイライトともいうべきですが、それとは対照的に地味ながらも我々に四季の移り変わりを感じさせる植物はたくさんあります。
つくしは食卓を潤し、山吹は緑一色の林の中を見事な黄色で彩ってくれます。その美しさには地味ながらもまた格別なものがあります。

f:id:photolifenet:20180407224856j:plain

 使用機材のカメラはSony Cyber-shot RX10 Ⅳ 。大きな写真の撮影データは、焦点距離38.7mm、35ミリ版換100mm、ISO 400、F8.0、1/1,000sでした。また、大きな写真はクリックして更に大きく見ることが出来ます。