写真生活 on Line

カメラと写真を楽しむ豊かな生活、そして鳥が大好き

ベリーズ 背景は復元前のピラミッド

f:id:photolifenet:20180510223734j:plain

 中米のベリーズユカタン半島の付け根にあり、国境を北と西をメキシコに、グアテマラも西に接しています。この辺りはかつてマヤ文明が栄えた場所で、ベリーズにもあちこちに当時の遺跡のピラミッドが多く残されています。これらの遺跡群はベリーズにとってカリブ海のサンゴ環礁、緑濃いジャングなどと共に重要な観光資源となっています。
 今日の写真の背景になっているのは、この国最大の都市であるベリーズシティに最も近い遺跡群、アルツンハ公園の中にある一つのピラミッドですが、この姿はピラミッドというより草の生えた盛り土に見えます。

f:id:photolifenet:20180510223747j:plain

 実はマヤの遺跡は既に1000年以上経っているものがほとんどで、発見当時はピラミッドと分からないほどに風化したり、草木に覆われたりして損壊しているのが普通なのです。
 2枚目の写真は1枚目のピラミッドの隣にある、この公園の代表的なピラミッドですが、こちらはきれいに復元されていることから、当時の威容が偲ばれます。でもそれでも復元は正面のみで、両サイドや背後の石済みはまだ修復されていません。
 ベリーズにはまだジャングルに眠る遺跡が多くあるのですが、手つかずのままになっているのが実情で、復元には手間と大変なお金がかかるのです。多分メキシコやグアテマラホンジュラスも似たような事情だと思います。

f:id:photolifenet:20180510223717j:plain

 使用機材のカメラはSony α77Ⅱ、レンズは SONY 70-300mm F4.5-5.6 G SSM。大きな写真の撮影データは、焦点距離75mm、35ミリ版換算112mm、ISO 400、F9.0、1/800sでした。また、大きな写真はクリックして更に大きく見ることが出来ます。