写真生活 on Line

カメラと写真を楽しむ豊かな生活、そして鳥が大好き

ベリーズ 虹と飛行機

f:id:photolifenet:20180511221041j:plain

 中米のベリーズに住んでいた頃、住まいはこの国最大の都市ベリーズシティの住宅街にありました。ベリーズは小さな国で、最大の都市といっても規模は小さく、高いビルが林立するような光景は全くありません。
 そのような都市で、更に住宅地ですから、自宅から見る景色は前を遮るビルなどは何もなく、常に見通しの良い広々とした風景を楽しむことができます。

f:id:photolifenet:20180511221054j:plain

 自宅の東側バルコニーからは、空を赤く染めながら登る朝日を眺めたり、夕方はねぐらに帰る野鳥の群れを写真に撮ったりして楽しむのですが、にわか雨の時には美しい虹がかかることがよくあります。
 自宅東側の空は、小型機専用となっているベリーズ市内の空港に、着陸するための飛行機が侵入するコースに当たっていることから、夕方には地方から到着するたくさんの飛行機が上空を横切ります。

f:id:photolifenet:20180511221106j:plain

 今日の写真は、北東の空に架かった虹を、定期便の小型機が横切っていく場面です。この日は、大抵はいつものことですが、虹がくっきりと鮮やかに見え、素晴らしい背景になってくれました。
 それにしても熱帯の虹は、日本に比べて鮮やかに見えるような気がするのですが、気のせいでしょうか。
 3枚目はブラックバード、日本名ムクドリモドキがやはり虹を横切っている場面です。朝焼けと夕焼け、それに虹と、自然からの贈り物はきれいですね。

f:id:photolifenet:20180511221022j:plain

 使用機材のカメラはSony α77Ⅱ、レンズは SONY 70-300mm F4.5-5.6 G SSM。大きな写真の撮影データは、焦点距離300mm、35ミリ版換算450mm、ISO 400、F7.1、1/800sでした。また、大きな写真はクリックして更に大きく見ることが出来ます。