写真生活 on Line

カメラと写真を楽しむ豊かな生活、そして鳥が大好き

ベリーズ 花と蝶

f:id:photolifenet:20180523220608j:plain

 中米の国ベリーズは熱帯地方に位置することから、温帯気候である日本では見られない野鳥が多いのですが、それは鳥類だけに限ることではなく、昆虫や植生にも言えることです。
 植物に関して、普段の生活における景色が日本と最も違うと思うのは、視界の中に常にヤシ科の木があることです。このヤシの木は熱帯地方のイメージが非常に強く、この木が目に入るだけで景色がトロピカルな印象になるのです。

f:id:photolifenet:20180523220631j:plain

 それともう一つは、日本ならどこでも必ず見られるスギやヒノキが全くないことで、これが熱帯での景色の大きな違いだと強く感じます。海外から久しぶりに日本に帰ってくると、景色の中のスギ、ヒノキの多さに驚きます。
 さて昆虫に関してですが、普段の生活の中で最も目につく昆虫の一つ蝶は、これもやはり日本と大きく違います。
 名前が分かりませんが、今日の写真の蝶に代表されるように、全体的に体が大きく色が濃いように思われます。その象徴なのがモルフォチョウで、青紫に輝く羽はとても力的です。この蝶、特別な存在ではなく、ベリーズでは普通に見られます。

f:id:photolifenet:20180523220653g:plain

 使用機材のカメラはSony α77Ⅱ、レンズは SONY 70-300mm F4.5-5.6 G SSM。大きな写真の撮影データは、焦点距離300mm、35ミリ版換算450mm、ISO 400、F7.1、1/800sでした。また、大きな写真はクリックして更に大きく見ることが出来ます。