写真生活 on Line

カメラと写真を楽しむ豊かな生活、そして鳥が大好き

ベリーズ 道端の White-collared Seedeater (ホワイトカラード シードイーター)

f:id:photolifenet:20180527210856j:plain

 今日の写真は中米ベリーズで、都市部でも日常生活の中でごく普通に見られる野鳥 White-collared Seedeater (ホワイトカラード シードイーター)です。彼らは大抵は小さな群れで、道路端や空き地などの雑草の種を食べているのをよく見かけます。
 シードイーターの名前の通り、くちばしが写真をご覧になれば分かるのですが、厚くがっちりとしており、硬い種を砕くのに都合よくできていいるようです。

f:id:photolifenet:20180527210909j:plain

 彼らは人間が生活している社会の中に溶け込んでいることから、日本のスズメを想像しますが、スズメに姿がよく似た野鳥 House Sparrow (ハウススパロー)は別に存在しています。でも彼らを見かけるのは国の南部で、この国最大の都市のある国の中部では見かけたことがありません。日本ではスズメは全国にいるのですが、これはちょっと不思議です。
 写真の個体はメスで、オスの体色は茶色がなく、全くの白黒のみです。よってホワイトカラードの名前が付いているのかもしれません。
 この鳥の特徴は、オスが電柱等の高い所に停まり、とても哀愁のあるさえずりをすることで、それを聞くととても寂しい気持ちになります。

f:id:photolifenet:20180527210928j:plain

 使用機材のカメラはSony α77Ⅱ、レンズは SONY 70-300mm F4.5-5.6 G SSM。大きな写真の撮影データは、焦点距離300mm、35ミリ版換算450mm、ISO 400、F5.6、1/500sでした。また、大きな写真はクリックして更に大きく見ることが出来ます。