写真生活 on Line

カメラと写真を楽しむ豊かな生活、そして鳥が大好き

ベリーズ 散歩で見かけた American Redstart (アメリカン レッドスタート)

f:id:photolifenet:20180609205230j:plain

 中米のベリーズは、日本の四国ほどの大きさの国土に、人口はわずか36万人と極端に人口密度が低いのが特徴で、人がまばらに住んでいるという印象です。
 この印象はこの国最大の都市であるベリーズシティも同じで、街が殺風景というか、良く言えば広々としています。逆に言えば都市化がそれほど進んでいないとも取れますが。

f:id:photolifenet:20180609205244j:plain

 ベリーズシティは真っ平の平野で、土地の標高が低いため、あちこちに水場が多く、開発の難しい土地でもあるのです。でもそれが幸いして市街地でも多くの自然が残され、様々な野生動物が住んでいます。
 海外からこの国に豊かな自然を求めて観光客が訪れ、彼らは地方のジャングルに出かけるのですが、以外にもベリーズシティの街中で、ジャングルで見られるような野生に出会うことができるのです。
 ベリーズの観光局はこの辺りをもう少し整備し、都市内で人と共存している野生をアピールしたらと思うのですが。

f:id:photolifenet:20180609205258j:plain

 今日の写真は、ベリーズシティの住宅地にあった自宅周辺を散歩している際に、民家の庭先で見かけた American Redstart (アメリカン レッドスタート)です。
 この鳥の特徴は、長く広い尾羽を持っていて、それをいつも背筋を伸ばすように少し上に上げていることで、燕尾服を着ているようで、とても優雅に見えます。黒色にオレンジ色が良く目立つ美しい鳥です。

f:id:photolifenet:20180609205344j:plain

 使用機材のカメラはSony α77Ⅱ、レンズは SONY 70-300mm F4.5-5.6 G SSM。大きな写真の撮影データは、焦点距離300mm、35ミリ版換算450mm、ISO 800、F 5.6、1/160sでした。また、大きな写真はクリックして更に大きく見ることが出来ます。