写真生活 on Line

カメラと写真を楽しむ豊かな生活、そして鳥が大好き

ベリーズ 鮮やかな赤色の Vermilion Flycatcher (バーミリオン フライキャッチャー)

f:id:photolifenet:20180611210910j:plain

 中米のベリーズは熱帯地方に位置する国ですから、そこで見られる植物や動物は日本とだいぶ違います。空港に到着して最初に見る景色でそれを感じるのは、どこにでもヤシ科の木が多く目につくことです。
 ベリーズの国際空港から、この国最大の都市ベリーズシティに向かう途中に見る景色は、道路に沿って流れる大きな川の、その向こうに広がるヤシ科の木が目立つうっそうとしたジャングルです。その景色を見た時は、ああ熱帯に来たのだと実感したものです。

f:id:photolifenet:20180611210923j:plain

 その地でしばらく生活していると、普段目にする野鳥たちが、日本では全く見たことがない種類であることが分かってきます。中にはシラサギのようになじみのある種類もいますが、それは少ない例外で、ほとんどになじみがありません。
 今日の写真の Vermilion Flycatcher (バーミリオン フライキャッチャー)も、その日本では見たことがない仲間で、最初にこの鳥を見たときにはその赤色の鮮やかさに驚きました。

f:id:photolifenet:20180611210936j:plain

 そしてさらに驚いたのは、鳥たちの人に対する警戒心の低さでした。最初は逃がしてはならないと遠くから写真を撮っていたのですが、そのうち容易に逃げないことが分かり大胆に近づくことができるようになりました。
 野鳥たちの警戒心の低さは、この種類に限ったことではないことが、しばらく住むうちに分かってきました。人と野生がフレンドリーなのはいいことだと、この国で改めて思いました。
 今日の写真の撮影場所は、ベリーズシティから車で1時間ほどの距離にあるクルックドツリー野生生物保護区内ですが、この鳥はベリーズシティの自宅敷地でもよく見かけることができました。

f:id:photolifenet:20180611210959j:plain

 使用機材のカメラはSony α77Ⅱ、レンズは SONY 70-300mm F4.5-5.6 G SSM。大きな写真の撮影データは、焦点距離300mm、35ミリ版換算450mm、ISO 400、F 7.1、1/500sでした。また、大きな写真はクリックして更に大きく見ることが出来ます。