写真生活 on Line

カメラと写真を楽しむ豊かな生活、そして鳥が大好き

ベリーズ アルツンハの野鳥たち

f:id:photolifenet:20180619203354j:plain

 中米の国ベリーズは、日本ではあまり知られていないのですが、欧米では観光地として有名です。その観光の目玉は、美しいサンゴ礁のあるカリブ海、紀元前からの全国に散らばるマヤの遺跡群、多くの湿地及び緑濃いジャングルのツアーなのです。
 どちらかと言えば若者に人気が高いのが海洋リゾートで、熟年は古代の歴史を垣間見るマヤ遺跡と、野生が溢れるジャングルツアーが人気があるような気がします。

f:id:photolifenet:20180619203410j:plain

 この国最大の都市であるベリーズシティから、車で1時間ほどの手軽な距離にあるアルツンハ公園は、規模は中程度ですがマヤのピラミッド遺跡があり、またそこは周りがジャングルであることから豊かな野生に出会うことができるということで、人気のツアーコースです。
 そのアルツンハ公園で撮ったのが今日の写真の鳥たちで、1枚目が Brown-crested Flycatcher (ブラウンクレステッド フライキャッチャー)、2枚目がこの国で最も多くみられるインコ、3枚目が多分ノーザン パルーラです。

f:id:photolifenet:20180619203423j:plain

 このアルツンハ公園は、ジャングルの中に開いた密林の空白地帯ですから、ジャングルに住む多くの動物たちを見ることができるのです。なぜならジャングルの中に入ってしまうと、あまりにも樹木や枝葉が多く、それらが邪魔をして声は聞こえても姿を見ることができないからです。
 ここならジャングルのへりに来る野鳥たちを容易に見つけることができ、また写真も撮れる機会が増えるのです。

f:id:photolifenet:20180618200151j:plain

 使用機材のカメラはSony α77Ⅱ、レンズは SONY 70-300mm F4.5-5.6 G SSM。大きな写真の撮影データは、焦点距離300mm、35ミリ版換算450mm、ISO 400、F 7.1、1/800sでした。また、大きな写真はクリックして更に大きく見ることが出来ます。