写真生活 on Line

カメラと写真を楽しむ豊かな生活、そして鳥が大好き

ベリーズ プレセンシアへ続く岬にて

f:id:photolifenet:20180626221135j:plain

 中米の国ベリーズの、カリブ海沿岸の一部に、陸地と平行に長い長い岬が伸びている場所があり、その岬の長さが15㎞ほどにまで達します。その先端にプレセンシアという小さな町があるのですが、国内では一応観光地として知られています。
 ここは特に何があるということではなく、かつては小さな漁村だったと思うのですが、今では民宿程度のホテルやレストランが建ち、海外からの観光客も見かけますからある程度は有名なのかもしれません。のんびり釣りを楽しむにはいい場所かもしれません。

f:id:photolifenet:20180626221152j:plain

 でも面白いのはこの岬の形状で、狭い所では500mほどしかない幅の陸地が、延々と15㎞も続くのです。外側がカリブ海で、内側が幅が狭く長い湾になっています。岬部分の標高は、最も高い所でも1mはないと思います。
 このような土地の成り立ちは多分、日本の天橋立と同じではないかと勝手に思っています。ただ規模はこちらがはるかに大きいのですが。
 今日の写真は、その岬の中ほどの場所で、湾を背景にして撮りました。水面はまるでプールのように静かで、いい景色ですが、ここではマングローブが切り開かれ、自然破壊が進んでいます。この岬全体の観光開発が盛んで、別荘などの建設にはマングローブの林は邪魔なのです。

f:id:photolifenet:20180626221117j:plain

 使用機材のカメラは Fujifilm FinePix F60fd。大きな写真の撮影データは、焦点距8.0mm、35ミリ版換算37mm、ISO 100、F 5.0、1/400sでした。また、大きな写真はクリックして更に大きく見ることが出来ます。