写真生活 on Line

カメラと写真を楽しむ豊かな生活、そして鳥が大好き

日本 散歩道のハクビシン (→アナグマが正解)

f:id:photolifenet:20180710224400j:plain

 自宅は岐阜市近郊の農村部から山間部に変わる入り口のような里山地帯で、それほど高くない山に挟まれた平野の中央には根尾川が流れています。
 この辺りは、かつて農地はほとんどが水田で米を作っていたのですが、現在は柿畑に変えたり麦を作ったりしています。それも今では人口減少や後継者の不足から、柿農家では柿の木を切って畑を整理し、水田は農協に任せっきりで麦を作っています。今では自宅周りで水田を見なくなりました。

f:id:photolifenet:20180710224414j:plain

 そんな環境の自宅周辺を、雨が降らない限り毎日散歩するのですが、今日、そのコース上で写真のハクビシンを見かけました。この動物を見るのは初めてですが、これまで聞いている姿のイメージで、これはハクビシンだと思ったのです。
 見かけたのは全部で3頭で、砂利道の散歩コースを時折草むらに、エサを探しているのか頭を突っ込みながら、私と同じ方向に歩いていました。私が後方でカメラで彼らを撮るのを、時々振り返って見ていましたが、そのうち草むらの中に消えました。
 冬の雪のある時期に、この辺りで多くの足跡を見ていますが、それは彼らのものだったのかもしれません。2枚目の通り足の裏の写真が撮れたので、冬に比べてみようと思っています。

f:id:photolifenet:20180710224337j:plain

 使用機材のカメラは Sony α7Ⅱ、レンズは SONY DT55-300 F4.5-5.6。大きな写真の撮影データは、焦点距離300mm、35ミリ版換算450mm、ISO 800、F 8.0、1/1,000sでした。また、大きな写真はクリックして更に大きく見ることが出来ます。