写真生活 on Line

カメラと写真を楽しむ豊かな生活、そして鳥が大好き

日本 農場の木で休むイカル

f:id:photolifenet:20180716222935j:plain

 岐阜市近郊にある自宅周りは里山的な農村地帯で、山に挟まれた僅かな平野の中央を根尾川が流れ、柿栽培が盛んなのどかな田舎です。
 お天気さえ良ければ、望遠レンズをつけたカメラを持って自宅周辺を散歩するのですが、そのコースは決まっており、割と変化に富んでいます。
 そのコース上の一部に、ほとんど使われなくなった広い農場の脇を通る場所があり、ところどころ倒れたり穴が開いていたりしますが、周りはフェンスで囲われています。

f:id:photolifenet:20180716223019j:plain

 その農場の中に大きな木が何本かあり、冬になるとそれらの木に沢山の野鳥が訪れます。種類はイカル、カワラヒワツグミキジバト、シメ、トビなどで、時々ノスリも見られます。
 雪の降る日などにイカル、カワラヒワが大群で休むことが多く、時にはその数が100羽以上になることがあります。
 今日の写真は今年の1月2日に撮った2枚で、イカルたちが停まっていたこの木は、散歩コースから一番遠い位置であったため、トリミングしてもこの程度の大きさですが、近い位置の木であれば迫力ある写真になります。
 散歩コース上に、こうした野鳥撮影定番のポイントがあるのは楽しみなことですね。

f:id:photolifenet:20180716222916j:plain

 使用機材のカメラはSony Cyber-shot RX10 Ⅳ 。大きな写真の撮影データは、焦点距離220mm、35ミリ版換600mm、ISO 400、F4.0、1/320sでした。また、大きな写真はクリックして更に大きく見ることが出来ます。