写真生活 on Line

カメラと写真を楽しむ豊かな生活、そして鳥が大好き

ベリーズ クルックドツリー野生生物保護区の裏の湖

f:id:photolifenet:20180902225912j:plain

 中米の国ベリーズの、この国最大の都市であるベリーズシティから、車で1時間ほどの距離に、ラムサール条約に登録されているクルックドツリー野生生物保護区があります。
 ベリーズの地図を見ていただくと分かるのですが、国の南西部の一部に山地があるだけで、その他は真っ平な平野となっています。またその平野の標高が低いことから、海岸地方では広大な面積に湿地帯が広がっています。

f:id:photolifenet:20180902225924j:plain

 このクルックドツリー野生生物保護区は、海岸地方ではなく、内陸にかなり入っていますが、それでも標高は低く、保護区内にある湖から川伝いでベリーズシティに行くことができるのですが、その間の流れはものすごくゆっくりであることから、それが分かります。
 保護区内には川幅が大きく広がったような湖があり、乾期になって湖の水位が下がると、国境を越えて多くの水鳥たちが集まり、大自然のスペクタクルを見せてくれるのですが、保護区内の湖は他にもあります。

f:id:photolifenet:20180902225937j:plain

 それが今日の写真で、この湖は先ほどの水鳥が多く集まる湖とは、集落を挟んで反対側にあり、現地では裏の湖と呼んでいます。
 水上は写真の通り水草に覆われており、水面が見える面積はごくわずかしかありませんから、これでは魚を食べる水鳥たちは多く集まることができません。そのため、ここで見られる水鳥の数は多くありません。 
 ちなみに、鳥たちが多く集まる表の湖では、このような水草はほとんど見られません。
 ただ、水鳥たちにとって裏の湖のいいところもあるようで、いつ訪れても常に一定数の鳥たちを見ることができます。
 この湖を訪れた日、空には顔の赤い七面鳥ハゲワシと、精悍な顔つきのミサゴが舞っていました。

f:id:photolifenet:20180902225858j:plain

 使用機材のカメラは FUJIFILM FINEPIX F60fd。大きな写真の撮影データは、焦点距離8.0mm、35ミリ版換算37mm、ISO 100、F5.0、1/550sでした。また、大きな写真はクリックして更に大きく見ることが出来ます。
 小さな写真2枚の使用機材は一眼レフで した。