写真生活 on Line

カメラと写真を楽しむ豊かな生活、そして鳥が大好き

日本 隣の栗畑のシジュウカラ

f:id:photolifenet:20180910202948j:plain

 岐阜市近郊にある自宅の隣は、10本ほど植えられた栗畑となっており、毎年秋にはたくさんの実がなり、毎年そのおすそ分けをいたっだいて秋の味覚を楽しんでいます。またある枝は自宅の庭まで伸びており、そこにも実が落ちますから、それらは地主の許しを得ていただいています。

f:id:photolifenet:20180910203000j:plain

 ただこの栗の木、秋の終わりになると大量の葉を落としますから、当然自宅庭にも落ちてきます。掃除は大変ですが、これも秋の風情と思って焚火で燃やしています。
 葉が落ちて栗の木畑の見通しが良くなる頃、それを待っていたかのように、ここに様々な野鳥が訪れます。最も数多く訪れるのはエナガで、いつも20羽ほどの群れで忙しく梢から梢に飛び移り、枝についている虫を探します。
 そのエナガの群れに交じって顔を見せるのが今日の写真のシジュウカラです。

f:id:photolifenet:20180910203010j:plain

 シジュウカラもここへ群れを作って訪れることはありますが、その群れの数は大抵は10羽以下で、そこにエナガが混じることはありません。でもなぜか、エナガの群れにはよく1,2羽のシジュウカラが混じっています。
 シジュウカラエナガより体が大きいことから良く目立ちます。また背中側は、2枚目の写真のように美しい黄緑色がありますからフォトジェニックですが、対しておなか側はモノクロであまり写真映えしません。
 でもカラ類は総じてどれも愛くるしい姿で、私の好きな鳥たちです。

f:id:photolifenet:20180910202933j:plain

 使用機材のカメラはSony Cyber-shot RX10 Ⅳ 。大きな写真の撮影データは、焦点距離220mm、35ミリ版換600mm、ISO 400、F4.0、1/800sでした。また、大きな写真はクリックして更に大きく見ることが出来ます。