写真生活 on Line

カメラと写真を楽しむ豊かな生活、そして鳥が大好き

日本 自宅から見る栗畑のアカゲラ

f:id:photolifenet:20181003201256j:plain

 岐阜市近郊の自宅周りは、平野部から山間部に変わる境目で、周りを割と低い山に囲まれた谷あいの田園地帯となっています。谷の中央には1級河川の根尾川が流れ、夏にはアユ釣り客でにぎわいます。
 自宅は東側の山の裾に位置しており、周辺の山は総て植林されて杉や檜が植えられていますから、毎年春になると黄色い花粉が大量に飛ぶのが見えますから、花粉症の人は住めません。でもどうゆう理由か、家族に花粉所のものはおらず、今のところ問題ないのですが。

f:id:photolifenet:20181003201245j:plain

 自宅東側の山林との間に栗畑があり、毎年秋には栗を収穫するのですが、この畑のオーナーは栗に興味がなく、見の多くは毎年猿の餌になっているようです。
 さて今日の写真ですが、秋の終わりにその畑の栗の木の葉が落ちると見通しが良くなりますから、この栗畑を訪れる野鳥たちを見つけ易くなります。幸いこたつのある和室がこの栗畑に面していますから、こたつに入りながら野鳥たちの訪れを見張ることができます。

f:id:photolifenet:20181003201231j:plain

 そうしたある日、去年の12月23日でしたが、栗畑にアカゲラのメスがやって来ました。ここでアカゲラを見るのは初めてでしたから、大喜びでシャッターを切りました。最初は慎重にガラス越しでしたが、ついには窓を開け、生で撮りましたが、アカゲラはこちらに全く気が付いていないようでした。
 昨日のブログで、アカゲラオオアカゲラの違いを書きましたが、この鳥の背中には逆「八」の字の模様がありますから、彼女は間違いなくアカゲラです。
 こたつに入りながら野鳥観察ができるのですから最高の環境ですね。

f:id:photolifenet:20181003201214j:plain

 使用機材のカメラはSony Cyber-shot RX10 Ⅳ 。大きな写真の撮影データは、焦点距離220mm、35ミリ版換600mm、ISO 400、F 5.6、1/1,000sでした。また、大きな写真はクリックして更に大きく見ることが出来ます。