写真生活 on Line

カメラと写真を楽しむ豊かな生活、そして鳥が大好き

日本 散歩道で初めて見たアオゲラ

f:id:photolifenet:20181010202031j:plain

 岐阜市近郊にある自宅周辺を、カメラを持って散歩するのが日課となっており、季節によって移り替わる風景や、動植物を撮って楽しんでいます。
 最も楽しみにしている被写体は野鳥ですが、冬には様々な種類に出会える半面、夏になると木の葉で見通しが悪くなることもあり、なかなか出会う機会がありません。そうなれば必然的に、この時期に増える昆虫をたくさん撮ることになります。
 今日の写真は、今年の1月に見かけたアオゲラで、いつもの自宅周辺の散歩コースの農道脇にある木で見かけました。頭頂部が見えないことからはっきりとは言えないのですがメスだと思います。

f:id:photolifenet:20181010202046j:plain

 これまでこのコースではアカゲラを何度も見かけましたが、アオゲラは全くその機会がありませんでした。ところが根尾川をはさんだ谷汲側では、それほど頻繁に訪れるわけでもないのに、これまで2回も出会っています。
 よって、何かの理由でアカゲラアオゲラが川を挟んで住み分けているのだろうかと思っていたのですが、こうして根尾川のこちら側でも見かけることができましたから、それはどうやら考えすぎだった様です。
 中米の国ベリーズでは、街中であっても多くのキツツキを見ることができたのですが、日本では見る機会は非常に限られています。姿が美しく、木をつつくという習性の面白い鳥ですから、今後増えて我々の目を楽しませてくれることを祈っています。里山周辺にはそれだけの環境は整っていると思うのですが。

f:id:photolifenet:20181010202112j:plain

 使用機材のカメラはSony Cyber-shot RX10 Ⅳ 。大きな写真の撮影データは、焦点距離220mm、35ミリ版換算600mm、ISO 400、F 4.5、1/1,000sでした。また、大きな写真はクリックして更に大きく見ることが出来ます。