写真生活 on Line

カメラと写真を楽しむ豊かな生活、そして鳥が大好き

コスタリカ サベグレ谷のハチドリたち

f:id:photolifenet:20181014221719j:plain

 今日の写真は中米コスタリカのハチドリたちです。
 以前にもお話ししましたが、コスタリカは熱帯地方にあり、国土が太平洋とカリブ海に挟まれ、海岸から山岳地帯の標高差が大きいことなど、地形と気候が変化に富んでいることから、動植物の多様性が進んでいる世界でも有数の国なのです。

f:id:photolifenet:20181014221736j:plain

 この多様性が顕著に表れているのが昆虫や野鳥の種類の多さで、たとえば今日の写真のハチドリはこの国だけで50種類以上に上ります。
 同じく中米にあるベリーズは、ハチドリの種類が図鑑には21種類のみで、コスタリカの半分以下です。

f:id:photolifenet:20181014221753j:plain

 2国間のこの種類の数の差は、自然環境の差によるもので、最も大きな違いは国土の標高差だと思います。コスタリカの場合は海岸の0メートルから3000mを超える山があるのですが、ベリーズは国土のほとんどが平坦で、山地には低い山しかありません。
 ハチドリは海岸地帯から標高が3000m近くの高さまで生息していますから、土地の高さの違いが様々な種類を生み出しているのだと思います。

f:id:photolifenet:20181014221805j:plain

 今日のハチドリたちの撮影場所は、コスタリカケツァールが多く住むことで有名なサベグレ谷にあるホテル、サベグレホテルの敷地内です。
 ハチドリはジャングルの飛ぶ宝石と言われていますが、何度見てもその美しさに目を見張ります。

f:id:photolifenet:20181014221647j:plain

 使用機材のカメラは Sony α550、レンズは Sigma AF70-300 Apo 。大きな写真の撮影データは、焦点距離180mm、35ミリ版換算270mm、ISO 800、F7.1、1/125sでした。また、大きな写真はクリックして更に大きく見ることが出来ます。