写真生活 on Line

カメラと写真を楽しむ豊かな生活、そして鳥が大好き

ベリーズ シーズン末期のクルックドツリー野生生物保護区

f:id:photolifenet:20181205200110j:plain


 中米の国ベリーズの最大の都市ベリーズシティから、車で1時間ほどの場所に湖を中心としたクルックドツリー野生生物保護区があり、更にここは、湿地の保存に関する国際約束であるラムサール条約にも登録されています。
 ラムサール条約とは、水鳥を食物連鎖の頂点とする湿地の生態系を守る目的ですが、この保護区はまさに野鳥の宝庫で、シーズンになると世界中からバードウオッチャーなどの観光客が訪れます。

f:id:photolifenet:20181205200126j:plain


 この保護区には川幅が広がったような大きな湖があり、豊富な魚貝類の資源がありますから、毎年乾季になり湖の水位が下がると、水生動物を餌とする水鳥たちが国境を越えて周辺から集まります。その数たるや驚くばかりで、時には湖一面が鳥たちに覆われる場面を見ることができます。

f:id:photolifenet:20181205200144j:plain


 鳥の数の多さだけでなく種類もまた多岐にわたり、ここではほとんどの水鳥たちを見ることができるのではと思うほどです。更にその水鳥を追って水鳥以外の種類も集まります。
 今日の写真はシーズンが終わりかけの湖の様子で、トキ類、サギ類、鵜の仲間、タニシトビなどが写っています。またここには写っていませんが、水中にはワニや淡水イルカ、マナティジュゴン)なども生息している、まさにこの保護区は大自然の営みを目の当たりにできる貴重な場所なのです。

f:id:photolifenet:20181205200050j:plain


 使用機材のカメラは Sony α77Ⅱ、レンズは Sony 70-300mm F4.5-5.6 G SSM 。大きな写真の撮影データは、焦点距離300mm、35ミリ版換算450mm、ISO 200、F9.0、1/1,600sでした。また、大きな写真はクリックして更に大きく見ることが出来ます。