写真生活 on Line

カメラと写真を楽しむ豊かな生活、そして鳥が大好き

日本 初冠雪の朝の樽見鉄道

f:id:photolifenet:20181212200310j:plain


 12月9日、この日これまででこの冬一番の冷え込みとなり、岐阜市近郊にある自宅周辺の山でも初冠雪がありました。この雪のある風景を見ると、いよいよ本格的な冬が来たことを実感します。

f:id:photolifenet:20181212200325j:plain


 山には枯葉が多くなっているとはいえまだ紅葉が残っており、その赤茶けた色と針葉樹の緑に、山頂付近の雪の白色が加わり、朝の冷たい空気の中で美しい景観を見せていました。この雪は太陽が顔を出せばたちまち溶けてなくなりますから、虹や花火のように短い命で、そのはかなさがまた余計に美しさを感じさせます。

f:id:photolifenet:20181212200340j:plain


 写真は自宅周辺の散歩コース上で撮った、暗い空気感の中、雪山を背景に鉄橋を渡る樽見鉄道の列車で、その孤独感のある姿は旅情を誘います。
 2枚目は1枚目と似た風景ですが、少しアングルを変え雪のある山を中心にしました。
 3枚目は国道上の杉林の間から見た風景で、この先が雪国に続いていることを連想させます。

f:id:photolifenet:20181212200249j:plain


 使用機材のカメラはSony Cyber-shot RX10 Ⅳ 。大きな写真の撮影データは、焦点距離34.7mm、35ミリ版換算95mm、ISO 400、F 5.0、1/1,000sでした。また、大きな写真はクリックして更に大きく見ることが出来ます。