写真生活 on Line

カメラと写真を楽しむ豊かな生活、そして鳥が大好き

日本 クリスマスの朝

f:id:photolifenet:20181225195723j:plain
 今日クリスマスの25日、岐阜市近郊にある自宅周辺ではこの冬一番の冷え込みとなり、自宅前の国道に設置してある温度計は、朝9時ころの時点で-1℃を示していました。この場所は山の陰となっていることから陽当たりが遅く、いつまでも気温が上がりませんから、この時間までも最低気温が長く続きます。

f:id:photolifenet:20181225195742j:plain
 散歩コースは一面霜が降り、薄く雪が積もったような状態になったのは今年初めてで、この寒さのためなのかどうか、今日のコース上ではほとんど野鳥を見ることができませんでした。

f:id:photolifenet:20181225195805j:plain
 その代わりではないのですが、この冬初めての霜柱を撮ったのが今日の写真です。この氷の芸術、不思議ですね。霜柱の氷の柱の断面は常に六角形で、雪の結晶もまた常に六角形をしています。なぜなのでしょう。
 そういえば鉱物の水晶の結晶も六角柱になっていますが、これも当然理由があるのでしょうね。それに蜂の巣の穴の形も六角形ですが、これも関係あるのですかね。

f:id:photolifenet:20181225195825j:plain
 使用機材のカメラはSony Cyber-shot RX10 Ⅳ 。大きな写真の撮影データは、焦点距離220mm、35ミリ版換算600mm、ISO 400、F 5.0、1/1,000sでした。また、大きな写真はクリックして更に大きく見ることが出来ます。