写真生活 on Line

カメラと写真を楽しむ豊かな生活、そして鳥が大好き

日本 間近で見るノスリ

f:id:photolifenet:20181229203321j:plain
 今日、年の瀬が押し詰まった12月29日、岐阜市近郊にある自宅周辺で昨日の初雪に続いて約10センチほどの積雪がありました。朝になっても降りやまず、みるみる雪は積もり、一面は銀世界となりました。
 野鳥観察が趣味の私にとっては待ちに待った積雪ですから、雪が止むのを待って早速カメラを持って散歩です。しかし期待に反して野鳥の姿はほとんどなく、カシラダカ数羽を見ただけで午前中の散歩は空振りでした。

f:id:photolifenet:20181229203336j:plain
 午後になっても雪は完全に降りやまず、ちらちらと落ちてきますが、この程度であればカメラを濡らすことはないと、再度午後の散歩に出かけました。
 散歩コース前半の川沿いの小道でアオジの群れを見つけ、逃げ遅れている個体をカメラに捉えたのですが、それは昨日のあのアオジでした。左目の傷は多少良くなっているようですが、視力が落ちているのかやはり逃げ遅れています。天敵に襲われないことを祈るばかりです。

f:id:photolifenet:20181229203354j:plain
 柿畑を過ぎた散歩の後半、コースわきにある木の上にノスリを見つけました。うまい具合にこちらは土手の草の陰になっていたため、かなり近くまで近づくことができ、そうして撮った写真がこれで、これまででノスリに最も近づけた一枚です。
 今日の積雪、ノスリにしてみれば高い所から眺めても地面は一面雪ですから、餌を見つけるのは大変だろうと心配してしまいました。こんな日に彼らはどうやって食料を手に入れるのでしょうか。
 3枚目は雪の中で佇むヒヨドリたちです。午後になっても雪は、時にはこの写真程度に降り続いていました。

f:id:photolifenet:20181229203421j:plain
 使用機材のカメラはSony Cyber-shot RX10 Ⅳ 。大きな写真の撮影データは、焦点距離220mm、35ミリ版換算600mm、ISO 400、F 5.6、1/1,000sでした。また、大きな写真はクリックして更に大きく見ることが出来ます。