写真生活 on Line

カメラと写真を楽しむ豊かな生活、そして鳥が大好き

ベリーズ 背景はベリーズシティ市内の川の岸

f:id:photolifenet:20181230203744j:plain
 中米の国ベリーズに滞在していた頃、自宅はこの国最大の都市ベリーズシティの中心部から、車で15分ほどの距離にある住宅地にありました。
 ベリーズは国土面積が日本の四国ほどの大きさですが、人口は36万人と極端に少なく、また国土の大部分の標高が低く湿地多いことなどから、開発は進んでいません。でもそれが幸いしてか、ベリーズ国内はもとより、ベリーズシシティ市内であっても自然が多く残され、日常生活の中で野生動物を多く見かけることができます。

f:id:photolifenet:20181230203804j:plain
 今日の写真は、毎週末の日課にしていた自宅周辺の散歩コースの折り返し地点の川で、この地点でカリブ海にそそぐ河口から8㎞ほどの上流に当たり、自宅からは1㎞ほどの距離にあります。
 この川はベリーズシティ市内を南北二つに分けけるように真ん中を流れているのですが、この川にも野生動物がたくさん生息しでいるのです。
 1枚目の写真の背景の川の両岸は背の高いマングローブの林で、この景色は河口に近い都市の風景とは到底思えず、まるでジャングルの中なのではと錯覚するほどです。

f:id:photolifenet:20181230203841j:plain
 この川の水は乾季には写真のように澄んで透明度が高くなりますが、雨期になると茶色く濁ってしまいますし、水量が増して水位が上がります。
 写真のように澄んでいる時には水中の魚を見ることができますし、運が良ければイルカやワニ、マナティに出会うことがあります。
 2枚目は川の中に立つ杭の上で休むグリーンイグアナで、この国では極めて一般的な大型のトカゲです。
 3枚目は自宅から川に続く散歩コース上の住宅地の様子で、この辺りは中産階級が多く住む地区となっています。

f:id:photolifenet:20181230203902j:plain
 使用機材のカメラは Fujifilm Finepix F200EXR。大きな写真の撮影データは、焦点距離6.4mm、33ミリ版換算29mm、ISO 200、F9.0、1/170sでした。また、大きな写真はクリックして更に大きく見ることが出来ます。