写真生活 on Line

カメラと写真を楽しむ豊かな生活、そして鳥が大好き

ベリーズ  Keel-billed Toucan (キールビルド トゥカン)との記念写真

f:id:photolifenet:20190110202633j:plain
 中米の国ベリーズの、この国最大の都市はベリーズシティで海岸沿いにあるのですが、それはかつての首都で、そこから内陸部に70㎞程離れた小さな町ベルモパンが現在の首都になっています。これは過去に大きなハリケーン被害にあったことから、遷都したためです。

f:id:photolifenet:20190110202649j:plain
 この二つの町の中間地点に、この国唯一の動物園であるベリーズズーがあり、当時我々が住んでいたベリーズシティから、車で1時間弱の道のりでしたから、週末には度々訪れました。
 園内は広く、各飼育ゲージはなるべく生き物たちの本来の環境に近づけるように広く造られており、また内部には自然の樹木などを生かすなどの工夫がされています。
 またここに飼われている動物たちのほとんどは、何らかの理由によって保護されており、今後可能であれば自然に放されますが、しかし多くは怪我をして助けられたり、人間にペットとして長年飼われるなど、もう自然で生きてゆく能力を失った者たちです。

f:id:photolifenet:20190110202703j:plain
 今日の写真は、ベリーズの国鳥に指定されている Keel-billed Toucan (キールビルド トゥカン)との記念写真で、この鳥は人に自ら近づいくるなど、とても慣れていますから過去にペットとして飼われていたのでしょう。
 中南米ではこのような大きなクチバシを持ったトゥカンの仲間が多く生息し、3枚目もこの国で最もよく見かける種類です。

f:id:photolifenet:20190110202613j:plain
 使用機材のカメラは Sony α57、レンズは Sony DT55-300。大きな写真の撮影データは、焦点距離55mm、35ミリ版換算82mm、ISO 400、F6.0、1/125sでした。また、大きな写真はクリックして更に大きく見ることが出来ます。