写真生活 on Line

カメラと写真を楽しむ豊かな生活、そして鳥が大好き

日本 アオゲラとアカゲラ

f:id:photolifenet:20190112194734j:plain
 岐阜市近郊にある自宅の周辺を、毎日お天気の許す限りカメラを持って散歩しているのですが、冬になってから出会う野鳥の数がぐっと増えています。
 散歩コースでほとんど毎日のように出会うのが、根尾川の淵に休むマガモ、笹薮に多いカシラダカホオジロアオジ、そして高い木の近くではイカルとシメ、カワラヒワです。柿畑の中ではツグミとキジが多く、ヒヨドリとモズは場所を選びませんし、ノスリについては2日に一度ほどの頻度で高い木の梢や、送電線の鉄塔で見かけます。
 そして今までと違うこの冬の特徴は、これまでそれほど頻繁に見かけなかったアカゲラに良く出くわすことで、1月に入ってほとんど毎日のように見ています。

f:id:photolifenet:20190112194750j:plain
 掲載の今日撮影した2枚の写真は、そのアカゲラどころか、ついにアオゲラにも出会った時のもので、1枚目の手前の左に柿の実をついばむアオゲラが、その奥の右に、ぼけてはいますが幹をつつくアカゲラが写っています。
 2枚目の写真は右の端にアカゲラが、手前の左にぼけてはいますがアオゲラが写っています。このようにこれまでそう簡単に見ることができなかったキツツキを、単独ならまだしも2種類が同じ画面に入るのは初めてのことで、これからしても今年はキツツキの当たり年なのかもと思ってしまいます。
 キツツキの当たり年ってあるのでしょうか、それとも、ただ単に私がこれまで見つけられていなかっただけなのでしょうか。

f:id:photolifenet:20190112194717j:plain
 使用機材のカメラはSony Cyber-shot RX10 Ⅳ 。大きな写真の撮影データは、焦点距離220mm、35ミリ版換算600mm、ISO 400、F 4.5、1/1,000sでした。また、大きな写真はクリックして更に大きく見ることが出来ます。