写真生活 on Line

カメラと写真を楽しむ豊かな生活、そして鳥が大好き

日本 身近なトビの美しい一瞬

f:id:photolifenet:20190208205306j:plain
 岐阜市近郊にある自宅の位置は、濃尾平野の北側のへりにあり、平野部と山間部の境目に当たる農村地帯です。よって自然環境は変化に富み、四季を通じて様々な野鳥を観察することができます。
 ただ夏の枝葉が茂る頃には、野鳥の鳴き声は聞こえても姿を見るのは難しくなり、ましてや彼らの写真を撮ることは厳しくなります。
 でもどんな季節でも一年を通して必ず写真に撮れる野鳥がいます。それが今日の写真のトビです。

f:id:photolifenet:20190208205323j:plain
 トビは猛禽類に属し、その姿はクマタカオオタカほどではないにしても、カラスやスズメよりも勇猛な感じで、私にとってははるかにフォトジェニックな対象です。
 私は最初の頃、いつも見慣れたトビを写真に撮ることはあまりなかったのですが、他の野鳥を見られなくなる夏季の頃に暇つぶしのように撮ってみたところ、これがなかなか面白いことに気づきました。

f:id:photolifenet:20190208205337j:plain
 鳥を撮る目的は様々ですが、見慣れた種類でも鳥たちが活動しているその一瞬を写し止めるのも楽しいものです。トビはいつも身近におり、それに体が大きいですから写真の対象としては好都合です。
 ところで、ユーチューブで見たのですが、トビがミサゴからミサゴが捕った魚を奪う場面がありましたが、トビもやるときはやるんですね。さすが猛禽、見直しました。
 撮影場所は自宅周辺で、日時は今年の2月3日でした。

f:id:photolifenet:20190208205407j:plain
 使用機材のカメラはSony Cyber-shot RX10 Ⅳ 。大きな写真の撮影データは、焦点距離220mm、35ミリ版換算600mm、ISO 400、F 4.0、1/250sでした。また、大きな写真はクリックして更に大きく見ることが出来ます。