写真生活 on Line

カメラと写真を楽しむ豊かな生活、そして鳥が大好き

ベリーズ アルツンハ遺跡公園の Black-headed Trogon(ブラックヘディド トロゴン)

f:id:photolifenet:20190420214522j:plain
 中米の国ベリーズの、この国の最大の都市であるベリーズシティから、車で1時間ほど北北西に行ったところに、街に最も近いマヤ遺跡のアルツンハがあります。
 アルツンハにはジャングルを切り開いた広い敷地に、いくつものピラミッドが建てられており、それらは遠い古代の人々の生活を連想させます。その貴重な古代遺跡を一目見ようと、年間を通じて海外から多くの観光客が訪れます。

f:id:photolifenet:20190420214538j:plain
 この遺跡の魅力はもちろん古代のピラミッド遺跡なのですが、実はここならではの魅力もあるのです。それが、鳥好きにはたまらないジャングルの空き地として機能しているバードウオッチング場であることなのです。
 野鳥はもちろんジャングルにたくさん生息しているのですが、しかし密林はあまりにも枝葉が多く彼らの声は聞こえても姿を見るのは容易ではありません。
 しかしジャングルに空き地のようにぽかんと空いた樹木の無い場所は、鳥たちを観察するには最適の場所であり、更に、ピラミッドに登れば普段は決してみられない視点から見ることができます。

f:id:photolifenet:20190420214554j:plain
 今日の写真は、そのアルツンハ遺跡で出会った Black-headed Trogon(ブラックヘディド トロゴン)ですが、この鳥はこの国では決して珍しい種類ではありません。
 今日の写真の注目ポイントは鳥の種類ではなく、この写真のリアル感と言おうか、立体感と言おうかとてもみずみずしい一枚になっているような気がします。加えてこの胸を張った姿勢がとてもいいと思います。
 アルツンハ遺跡公園ではこういったジャングルの鳥たちに逢える貴重な場所なのです。

f:id:photolifenet:20190420214501j:plain
 使用機材のカメラは Sony α77Ⅱ、レンズは Sony 70-300mm F4.5-5.6 G SSM。大きな写真の撮影データは、焦点距離300mm、35ミリ版換算450mm、ISO 400、F5.6、1/200sでした。一枚目の写真はクリックして更に大きく見ることができます。