写真生活 on Line

カメラと写真を楽しむ豊かな生活、そして鳥が大好き

ベリーズ 道路端の Roadside Hawk(ロードサイド ホーク)

f:id:photolifenet:20190518225840j:plain
 通常野生の猛禽類は人間に対して警戒心が強いのが普通ですが、今日の写真の Roadside Hawk(ロードサイド ホーク)はその例に当てはまらず、やはりベリーズでよく見かけるバットファルコンと並んであまり人を怖がりません。

f:id:photolifenet:20190518225859j:plain
 この2種は人間の生活圏に近い場所で暮らしており、中米ベリーズの日常の生活の中で見かけることができます。
 ロードサイドフォークを見かけるのは大抵その名の通り、電線の上など道路の近くで、ベリーズ最大の都市であるベリーズシティの郊外を車で走ると、ほぼ毎回と言っていいほど目にすることができます。

f:id:photolifenet:20190518225916j:plain
 また郊外の集落を歩いている時など、その周辺で最も高い木の天辺で鋭く鳴いている姿が見られます。
 大きさは日本のハイタカよりやや大きい感じですが、目つきは精悍なオオタカに比べて少しおとなしいような気がします。時々自分よりもだいぶ小さな体格の鳥に追われていることがあり、少し情けない部分もあります。

f:id:photolifenet:20190518225942j:plain
 ハイタカの胸は白っぽく、そこにある横の縞模様が美しい鳥ですが、このロードサイドホークも茶色の目立つやはり美しい縞模様をしています。
 写真の撮影場所は、ベリーズシティ郊外の道路脇でした。

f:id:photolifenet:20190518225810j:plain
 使用機材のカメラは Sony α77Ⅱ、レンズは Sony 70-300mm F4.5-5.6 G SSM。大きな写真の撮影データは、焦点距離300mm、35ミリ版換算450mm、ISO 400、F5.6、1/500sでした。一枚目の写真はクリックして更に大きく見ることができます。