写真生活 on Line

カメラと写真を楽しむ豊かな生活、そして鳥が大好き

日本 背景は春日神社の大杉

f:id:photolifenet:20190612195515j:plain
 岐阜市近郊にある自宅前の道路は国道157号線で、北に進めば根尾に行き着きます。そのまま更に行けば福井県境の温見峠になるのですが、現在能郷地区から先は道路修復工事のため通行止めとなっています。
 根尾は本巣市になるのですが、その面積は非常に広くほとんどが山間部となっており、かつては山林を利用して多くの炭を生産していいたのですが、今は完全にすたれています。

f:id:photolifenet:20190612195532j:plain
 多くの木を切って炭を生産することと、それが生み出す環境への影響との関係を知りませんし、かつては多くの杉や檜を切って材木として出していたのが、今では全く行われていないことも、昔と大きく変わったことの一つです。
 根尾に限らず、日本各地の山林の杉や檜は切られないままに、現在どんどん大きくなっているのでしょうね。これがいいのか悪いのか。どちらにしても日本の山はどこも植林だらけで、風景や環境に面白みがないように思います。

f:id:photolifenet:20190612195550j:plain
 大きな樹と言えば、根尾にはあちこちにたくさんの巨木があります。
 今日の写真はその一つの、神所地区にある春日神社境内の杉で、目の高さで直径が2mはあるのではと思います。
 この杉には市の天然記念物となっている藤の木が竜のように巻き付いており、むしろこちらが有名です。2枚目3枚目の写真で藤の蔓がお判りでしょうか。
 根尾には巨木がたくさんありますので、興味のある方は一度訪れてみてください。

f:id:photolifenet:20190612195453j:plain
 使用機材のカメラは Canon Power-shot S95。大きな写真の撮影データは、焦点距離7.5mm、35ミリ版換算 37mm、ISO 200、F4.0、1/160sでした。また、大きな写真はクリックして更に大きく見ることが出来ます。