写真生活 on Line

カメラと写真を楽しむ豊かな生活、そして鳥が大好き

ベリーズ 川岸の Black-throated Green Warbler(ブラックスローテッド グリーン ワーブラー)

f:id:photolifenet:20190615100305j:plain
 中米の国ベリーズの最大の都市であるベリーズシティから、西に車で30分ほど走ると、この国最大の河川ベリーズ川を渡る橋に着きます。
 ベリーズ川の両岸は、うっそうとした密林で、長年人の手が入っていないよう見えます。それは多分、雨期には増水して水に浸かるし、乾期になって川の水の水位が下がっても、土地はぬかるんだ湿地に様な状態になっていることから、人は容易に入っていけないからだと思います。

f:id:photolifenet:20190615100332j:plain
 そんな川の両岸の様子を眺めることができるのは水上の船か、川を横切る橋の上からしかありません。
 ベリーズでは野鳥の種類や数が多く、どこでもよく見られるのですが、やはり樹木がより多いジャングル然とした場所でその機会は多いように思います。それに他では出会わないような珍しい種類にも逢うことができます。

f:id:photolifenet:20190615100348j:plain
 今日の写真は、ベリーズ川を横切る橋のたもとで撮ったもので、1、2枚目が Black-throated Green Warbler(ブラックスローテッド グリーン ワーブラー)です。この鳥、普段では見かけない種類です。
 3枚目が、橋近くの道路の電線に停まっていた、全長が41㎝にもなるこの国最大のカワセミで、その大きさは日本のカラスを思わせるほどです。

f:id:photolifenet:20190615100404j:plain
 そして4枚目は、ベリーズ川の岸の、橋の近くにある大きな樹の上で休むグリーンイグアナのオスで、このトカゲはベリーズ全土で見ることができるのですが、この大きな樹の上では何十匹というイグアナたちが群れているのです。
 全長が2mを超すような大型のトカゲが群れている様は一見の価値があるのですが、残念ながら多くの観光客はこれに気づかずに通り過ぎてしまいます。何とももったいないですね。

f:id:photolifenet:20190615100242j:plain
 使用機材のカメラは Sony α77Ⅱ、レンズは Sony 70-300mm F4.5-5.6 G SSM。大きな写真の撮影データは、焦点距離300mm、35ミリ版換算450mm、ISO 800、F5.6、1/250sでした。一枚目の写真はクリックして更に大きく見ることができます。