写真生活 on Line

カメラと写真を楽しむ豊かな生活、そして鳥が大好き

コスタリカ カウイータ国立公園の Slaty-tailed Trogon(スタティーテイルド トロゴン)

f:id:photolifenet:20190623213225j:plain
 ここ2回、続けて中米はコスタリカカリブ海側に位置するカウイータ国立公園の話題でしたが、
今日もその続きです。
 カウイータ国立公園は、カリブ海沿岸のほとんど人の手が入っていない緑濃いジャングルと、美しいサンゴのあるビーチを持つとても魅力的な場所ですが、治安が悪いと悪評の地域にあることから、コスタリカの現地の人さえあまり行きたがらない、ある意味不運な公園です。

f:id:photolifenet:20190623213243j:plain
 しかし、そうした悪い評判が人を遠ざけ、人の集中によって公園が荒れるのを、幸いにも防いでいる面があるのかもしれません。
 我々が訪れた時も、園内にいた訪問局の数は僅かでしたし、ビーチ近くのサンゴも全く荒された様子はありませんでした。この公園の手前にあるナマケモノ保護センターも含め、この公園の魅力から考えればあまりにも閑散としていました。
 海岸沿いの園内の陸地のジャングルはうっそうとしており、巨木がたくさん見られますし、トロピカルな原色の花をつける植物に溢れ、まさに熱帯植物園の中にいることを実感します。

f:id:photolifenet:20190623213259j:plain
 そしてその密林の端にある駐車場で、今日の写真の Slaty-tailed Trogon(スラティーテイルド トロゴン)に出会いました。
 このおなかの鮮やかな赤色が目立つ美しいトロゴンは、以前に一度だけコスタリカケツァールが見られることで有名なサベグレ谷で、飛び去る姿をちらりと見た経験があるのみで、こうしてじっくりと眺めるのは初めてのことです。

f:id:photolifenet:20190623213314j:plain
 ケツァールはトロゴンの仲間で、サベグレ谷のガイドが言うには、ケツァールよりむしろこちらのトロゴンの方が出会う機会が少なく、希少性が高いとのことでした。
 その美しいトロゴンが、公園を去るために乗り込もうとした私の車の上の枝にいたのですから、まさに幸運と言うほかはありません。
 3枚目は公園近くで見かけたナマケモノで、もちろん野生です。4枚目の花は園内で沢山見かけました。

f:id:photolifenet:20190620203448j:plain

 使用機材のカメラは Sony α550、レンズは Sigma APO 70-300mm F4-5.6 DG MACRO。大きな写真の撮影データは、焦点距離300mm、35ミリ版換算450mm、ISO 1,600、F5.6、1/200sでした。一枚目の写真はクリックして更に大きく見ることができます。