写真生活 on Line

カメラと写真を楽しむ豊かな生活、そして鳥が大好き

日本 ノスリが舞う空

f:id:photolifenet:20190628221007j:plain
 岐阜市近郊にある自宅の周辺は、平野部から山間部に入る入り口のような場所に当たり、そのためなのか平野部に住む種類と山間部に住む種類の両方の様々な野鳥を見ることができます。

f:id:photolifenet:20190628221025j:plain
 例えば平野部に多いムクドリがいれば、山間部でしか住まないオオルリが見られるといった具合で、また同様に、平野部に多いチョウゲンボウが見られると同時に、散歩中には山鳥にも出くわすといったことが多々あります。この自宅周辺はある意味野鳥の宝庫とも言えるかもしれません。

f:id:photolifenet:20190628221043j:plain
 今日の写真はノスリで、冬にはこの辺りでよく見かけ、毎日の散歩中にほぼ毎回遭遇する種類です。
 この鳥は野鳥がよく分からない人にはトビに見えてしまい、ノスリであることを認識しないのですが、私は3年ほど前からようやく見分けられるようになり、今ではすぐに視認できるようになりました。

f:id:photolifenet:20190628221055j:plain
 通常この大きさで空を舞っている鳥はトビだと思ってしまい、それで終わるのですが、見分けることができるようになると、空を舞う鳥が気になるようになります。そうやって空を舞う鳥に注視し、トビとトビ以外の猛禽を見分け、様々な種類の猛禽が身近にいることに気づくのです。
 今日の写真の通り、ノスリが空を舞う姿は、見慣れたトビとはまた違った迫力があります。尾羽は直角よりやはり扇方がいいですね。

f:id:photolifenet:20190628220938j:plain
 使用機材のカメラはSony Cyber-shot RX10 Ⅳ 。大きな写真の撮影データは、焦点距離220mm、35ミリ版換算600mm、ISO 100、F 4.0、1/640sでした。また、大きな写真はクリックして更に大きく見ることが出来ます。