写真生活 on Line

カメラと写真を楽しむ豊かな生活、そして鳥が大好き

日本 文殊公園の木の実

f:id:photolifenet:20190713195829j:plain
 岐阜市近郊にある自宅から車で10分ほどの所に、山全体を整備して散策道を設けた文殊の森公園があります。
 山は針葉樹もありますが、どちらかと言えば広葉樹が多く、散策道の脇には植樹されたと思われる様々な種類の木があります。

f:id:photolifenet:20190713195848j:plain
 この公園には普段の運動不足を補うための山歩きの目的と共に、野鳥の撮影にも出かけるのですが、これまでは冬がそのためのシーズンだと思っていました。
 しかし、先日友人からこの公園でたくさんの野鳥に出会えたと聞き、早速先週末に2日続けて行ったのですが、2日目は動植物の物知りであるその友人も一緒でした。
 散策中に多くのメジロや様々な夏鳥たちに出会えたは大きな収穫でしたが、それと共に友人に道の脇に咲く花や、まだ熟さない実をつけた色々な植物も教えてもらいました。

f:id:photolifenet:20190713195918j:plain
 それが今日の写真で、1枚目は美しい赤い実をつけている木ですが、名前を忘れてしまいました。木の実の形がうすに似ていることから、それにちなんだ名前だったと思うのですが。
 2枚目はクルミの実で、多分こうして自然になっている場面を見たのは初めてだと思います。

f:id:photolifenet:20190713195935j:plain
 3枚目は自宅庭にも植えてあるヤマボウシですが、実がこうして上に突き出してなるとは知りませんでした。
 4枚目がアケビで、早々とこうしてなり始めているのですね。今から秋の熟したときに試食したいと思っていますが、それまでに山の動物たちに食べれることの無いよう祈っています。

f:id:photolifenet:20190713200104j:plain
 使用機材のカメラはSony Cyber-shot RX10 Ⅳ 。大きな写真の撮影データは、焦点距離54mm、35ミリ版換算140mm、ISO 400、F 4.0、1/400sでした。また、大きな写真はクリックして更に大きく見ることが出来ます。