写真生活 on Line

カメラと写真を楽しむ豊かな生活、そして鳥が大好き

ベリーズ アルツンハの Indigo Bunting(インディゴ バンティング)

f:id:photolifenet:20190822203015j:plain
 中米の国ベリーズの、この国最大の都市であるベリーズシティから、北西に車で1時間弱の距離に、都市に最も近いマヤ遺跡があります。
 そのマヤ遺跡公園「アルツンハ」は、近くに集落があるとはいえ周りは緑濃いジャングルに囲まれ、太古の人々の暮らしを想像させるる場所であると共に、そこは野生動物に出会える貴重なスポットでもあるのです。

f:id:photolifenet:20190822203032j:plain
 この公園に造られている太古のピラミッドの頂上に立てば、地平線まで続くジャングルを上から眺めることができるのですが、山の無いここではそんな貴重な場所は他にありません。
 3枚目の写真でご覧の通り、この遺跡公園はジャングルにぽっかりと開いた虫食い穴のような、樹木の空白地帯ですから、ジャングルに住む野生動物たちを視界良く間近に見ることができるのです。

f:id:photolifenet:20190822203103j:plain
 ジャングルには生き物たちが多く生息するのですが、しかし内部では濃く繁る枝葉に邪魔をされ、声は聞こえても彼らの姿を見ることが難しいのです。
 その点この公園の周りはジャングルの縁になっていますから、枝葉に遮られることなく、街中では出会えない珍しい野鳥たちを観察することができるのです。

f:id:photolifenet:20190822203120j:plain
 今日の写真は、遺跡公園内のピラミッドの壁に当たる斜面で、草の実と思われる餌をついばむ、青色が美しい Indigo Bunting(インディゴ バンティング)で、3枚目がそのメスです。
 この鮮やかな青色の羽毛はどこにいてもよく目立ち、写欲をそそるのですが、彼のいた斜面が急傾斜なため、簡単にこれ以上近づくことができませんでした。うたに歌われた青い鳥はいたのですね。

f:id:photolifenet:20190822202951g:plain
 使用機材のカメラは SONY α77Ⅱ、レンズは SONY 70-300mm F4.5-5.6 G SSM。大きな写真の撮影データは、焦点距離300mm、35ミリ版換算450mm、ISO 400、F5.6、1/500sでした。一枚目の写真はクリックして更に大きく見ることができます。