写真生活 on Line

カメラと写真を楽しむ豊かな生活、そして鳥が大好き

日本 散歩道のイカル

f:id:photolifenet:20190823221500j:plain
 岐阜市近郊にある自宅の周辺を、お天気の許す限りカメラを持って散歩するのが当時の日課でしたが、この4月から勤めに出始めたことから、今ではすっかり足が遠のいています。
 この1周が約2.5㎞ほどの距離の散歩コースは、杉林に囲まれた国道、根尾川沿いの小道、柿畑の中の農道、そして荒れた広い農園のある野菜畑の農道と変化に富んでいますから、四季折々の風景と野生動物との出会いが楽しめます。

f:id:photolifenet:20190823221516j:plain
 野鳥との出会いの機会については、寒い秋から春にかけての季節が多く、夏場にほとんど無くなってしまいますから、代わりにと言っては失礼ですが、道端の花や虫を撮影対象とします。でもそれは鳥を撮る時ほどの興奮はなく、よって夏場は歩く楽しみが大幅に減ってしまいます。
 冬の散歩は、寒さが厳しい日は防寒をしっかりすれば凌げますし、何より野鳥に出会えるという楽しみがありますが、夏の蒸し暑い日にカメラを持って出かけるのは結構気後れします。それに野鳥に出会えるチャンスをそれほど期待できませんからなおさらです。

f:id:photolifenet:20190823221531j:plain
 そんなあまり期待していなかった、桜が散り始める頃のある春の日、今日の写真のイカルたちに出会いました。
 彼らはつがいと思われ、散歩コース上の根尾川沿いにあるツタの絡まった、営巣するには格好の場所と思われる木にいました。イカルは派手ではありませんが渋い体色の美しい鳥です。
 3枚目の写真は、イカルのいたすぐそばの小道で出会った、ミミズをくわえているのはホオジロでしょうか。

f:id:photolifenet:20190823221439j:plain
 使用機材のカメラは SONY α550、レンズは Minolta AF100-300 Apo。大きな写真の撮影データは、焦点距離300mm、35ミリ版換算450mm、ISO 400、F6.3、1/640sでした。一枚目の写真はクリックして更に大きく見ることができます。