写真生活 on Line

カメラと写真を楽しむ豊かな生活、そして鳥が大好き

ベリーズ 楽園の鳥と風景

f:id:photolifenet:20191008205244j:plain
 中米の国ベリーズは、国土は南北に長く、東側はカリブ海に面する長い海岸となっています。また国土の大半は真っ平で標高が低く、その地形は海にまで続き、遠く沖合まで大陸棚になっていますから、水深は浅く、サンゴ礁が発達しています。
 そのサンゴ礁は海岸線に長く続き、オーストラリアに次いで世界第二位のサンゴ環礁を形成しています。ですからベリーズの海岸は波の少ない静かな海となっているのです。

f:id:photolifenet:20191008205302j:plain
 美しいサンゴ礁がある静かな海は海洋リゾートに向いており、年間を通じてダイビングやシュノーケリングなど、世界中から多くの観光客が訪れます。
 ベリーズには人が住む島が二つあり、どちらも海洋リゾートして整備がされておりますが、バックパッカーが多いキーカーカー島と、高級ホテルや別荘が多いアンバーグリス島があります。

f:id:photolifenet:20191008205323j:plain
 どちらもサンゴ礁でできた島ですから野菜などを育てることは難しいのですが、砂は白く、水は透明で、それはそれは美しい島で、まるでこの世の天国を思わせます。
 これらの島へ行くには、定期的に2つの島とベリーズシティを往復しているウオータータクシーを利用します。これは40~50人乗りのボートで、毎日大体8往復をしていますから、気が向いたときに行くことができます。
 今日の写真は二つの島のうち、ベリーズシティから上記のボートで1時間20分ほどの距離にある遠い方のアンバーグリス島で撮影した4枚です。

f:id:photolifenet:20191008205339j:plain
 1枚目、2枚目は我々が泊まったホテルの海岸にあるヤシの木に来た、オレンジ色が美しいフーデッドオリオールと、白黒のコントラストと喉の黄色が印象的なイエロースローテッドワーブラーで、両方ともヤシの木にいる虫を探しているようでした。
 3枚目は我々のホテルの海岸の風景で、美しい海を眺めながら風に吹かれて飲むビールは最高でした。
 4枚目はどこまでも続く静かな海岸線で、水中を注意深く見ると熱帯魚が群れています。よって海岸近くでもシュノーケリングが楽しめます。
 ここはまさにこの世の楽園でした。

f:id:photolifenet:20191008205220j:plain
 使用機材のカメラは Sony α55、レンズは Minolta AF100-300 Apo。大きな写真の撮影データは、焦点距離300mm、35ミリ版換算450mm、ISO 800、F 5.6、1/500sでした。また、大きな写真はクリックして更に大きく見ることが出来ます。
 なお、3,4枚目の風景写真は Fujifilm Finepix F200で撮影しました。