写真生活 on Line

カメラと写真を楽しむ豊かな生活、そして鳥が大好き

ベリーズ アルツンハ マヤ遺跡公園

f:id:photolifenet:20191206194807j:plain
 中米の国ベリーズには、国内のあちこちにたくさんの古代遺跡がありますが、日本ではほとんど知られていません。もっともそれ以前にベリーズの国そのものを知らないのではないでしょうか。
 メキシコにはたくさんの古代遺跡があることは多くの人がご存知かと思いますが、それらの遺跡のほとんどはユカタン半島に散らばっています。そのユカタン半島の付け根のカリブ海側に位置するのがベリーズですから、古代マヤ文化圏に入っているのです。

f:id:photolifenet:20191206194824j:plain
 カリブ海沿岸に位置するベリーズ最大の都市であるベリーズシティから、車で1時間ほどの距離に、都市に最も近いマヤ遺跡、アルツンハがあります。
 アルツンハは国内では中規模の遺跡群で、大小いくつかのピラミッドがあり、それらのいくつかがきれいに復元されています。
 今日の写真は、ピラミッドの集まる広場の入り口から見た光景で、ここを訪れた人が最初に目にする場面です。見えているのはここでは4番目と5番目の規模の綺麗に復元されたピラミッドです。

f:id:photolifenet:20191206194839j:plain
 2枚目は1枚目で見えているピラミッドを横から見ているのですが、いずれの角度でもどっしりと落ち着いた美しい形をしています。また、右に見えているのはまだ復元されていないピラミッドで、ここでは2番目の規模を誇ります。
 3枚目は、この国で最もポピュラーなインコで、この遺跡公園内でもよく見かけます。

f:id:photolifenet:20191206194744j:plain
 使用機材のカメラは Fujifilm Finepix F200EXR。大きな写真の撮影データは、焦点距離6.4mm、35ミリ版換算 30mm、ISO 200、F9.0、1/200sでした。また、大きな写真はクリックして更に大きく見ることが出来ます。