写真生活 on Line

カメラと写真を楽しむ豊かな生活、そして鳥が大好き

ベリーズ キツツキとカワセミ

f:id:photolifenet:20200527211050j:plain
 中米の国ベリーズは様々な要件から自然豊かな野生があふれる環境を持っているのが特徴です。この国最大の都市であるベリーズシティから、車で内陸部の北西に向かって1時間ほど走ると、クルックドツリー野生生物保護区に着きます。ここは湿地の自然を保全する目的で設立されたラムサール条約に加盟しているベリーズで2つの湿地のうちの一つです。
 この写真のキツツキはこの国では最も一般的な種類である Golden-frontede Woodpecker(ゴールデンフロンテッド ウッドペッカー)です。

f:id:photolifenet:20200527211119j:plain
 このキツツキは街中からジャングルまで広く分布し、街中ではたいてい道路端に立つ木製の電柱に巣穴を掘りますし、時には木造家屋の壁に作ることもあるほど人に近い存在です。現在このつがいは子育て中のようでオス、メスが頻繁に餌を巣穴に運び込んでいました。

f:id:photolifenet:20200527211139j:plain
 このつがいの巣の場所は、保護区内の湖のほとりに建つホテルの庭にある木で、人や車が通行するすぐ近くです。それに巣穴の高さは地上から1.5mもないほどの低さです。彼らは人間を脅威とは思っていないようです。

f:id:photolifenet:20200527211154j:plain
 このカワセミは上記のキツツキの巣のすぐ近くの木で、湖の水面をじっと睨んでいました。湖には魚がたくさんいますから彼らにとって漁は容易です。このカワセミもまたあまり人を恐れませんから近くまで寄って写真を撮ることができます。ここではキツツキやカワセミといったバードウオッチャーにはあこがれの鳥たちを同時に見ることができるのですからうれしい限りです。

f:id:photolifenet:20200527211029j:plain
 使用機材のカメラはSony α77Ⅱ、レンズは SONY 70-300mm F4.5-5.6 G SSM。1枚目の写真の撮影データは焦点距300mm、35ミリ版換算450mm、ISO400、F 5.6、1/500sでした。1枚目の写真はクリックして大きく見ることができます。