写真生活 on Line

カメラと写真を楽しむ豊かな生活、そして鳥が大好き

ベリーズ サンペドロのビーチの野鳥たち

f:id:photolifenet:20200621204822j:plain
 中米の国ベリーズのこの国最大の都市ベリーズシティからカリブ海に浮かぶリゾート地に、頻繁に出ている乗り合いボートで気軽に行くことができます。目的地となる島は二つあり、手前のキーカーカー島と、その先にあるアンバークリフ島のサンペドロで、どちらもたくさんの観光客でにぎわっています。カリブ海の水の透明度は高く、美しいサンゴ礁は世界のあこがれの海洋リゾートなのです。
 それらの島は本土に近いせいもあり本土と同じようにたくさんの野鳥を見ることができます。初めてサンペドロを訪れて、そのリゾートホテルが並ぶ海岸でこの写真のトロゴンを見たときは驚きました。通常トロゴンはジャングルに生息する種類です。

f:id:photolifenet:20200621204843j:plain
 こちらはホテルが並ぶ海岸で見かけたチドリの仲間で、もちろんここにいても全く不自然ではありません。リゾート地に来て美しい風景とビーチにいる野鳥を眺めていると心が和みます。

f:id:photolifenet:20200621204900j:plain
 こちらも水際にいたシギの仲間ですが、せわしく動き回り透明度の高い水の中の餌を探していました。のんびりとこういった風景を眺める場所と時間を楽しめるリゾートが身近にあるのは幸せなことだと思います。

f:id:photolifenet:20200621204938j:plain
 ビーチの水際ばかりでなく視点を上に移すと別の野鳥が舞っています。そこにいるのはカモメやアジサシ、ペリカン、そして写真のグンカンドリたちです。グンカンドリは地上に降りることなく常に上空を群れで舞っており、人間が投げてくれるかもしれない餌を待っているのです。

f:id:photolifenet:20200621205039j:plain
 ベリーズ海岸のカリブ海はこの国の需要な観光資源で、日本ではなじみが薄いのですが世界中から人が集まります。海岸に並ぶホテルはメキシコのカンクンのような大規模レジャー施設というよりこじんまりとした素朴な雰囲気で、それがこの島の魅力となっています。

f:id:photolifenet:20200621204802j:plain
 使用機材のカメラは Sony α55、レンズは Minolta AF100-300mm Apo。1枚目の写真の撮影データは焦点距離250mm、35ミリ版換算375mm、ISO400、F 6.3、1/125sでした。1枚目の写真はクリックして大きく見ることができます。