写真生活 on Line

カメラと写真を楽しむ豊かな生活、そして鳥が大好き

コスタリカ サベグレ谷のホテルで見る野鳥

f:id:photolifenet:20200630201108j:plain
 中米のコスタリカエコツーリズムで有名な国ですから、国民の意識も他の周辺国に比べて高いようで、国内にはそういった自然を楽しみながら観光できる施設がたくさんあり、世界一美しい鳥とされ、手塚治虫火の鳥のモデルとなったケツァールで有名なサベグレ谷にもそういったホテルがあります。ここでは貴重な観光資源であるケツァールを守るため、住民が植林や環境教育を進めています。
 このホテルは敷地が広く、樹木が多いため、たくさんの野鳥を見ることができるのですが、加えて餌代が設けてあることから野鳥がたくさん集まってきます。この写真の鳥はバナナをつつきに来ました。同じ中米でもベリーズではこの種類を見ることはありませんでした。

f:id:photolifenet:20200630201126j:plain
 オレンジ色の美しいこの鳥は、やはりホテル敷地内で見たものですが、この種類もベリーズでは見かけませんでした。地域としては近いのですが、ベリーズのような低地の平野部にはいないのかもしれません。サベグレ谷は朝晩が冷える高地です。

f:id:photolifenet:20200630201151j:plain
 このキツツキ、エイコーンウッドペッカーはベリーズの郊外でもよく見開ける一般的な種類です。赤いベレー帽をかぶったような愛嬌のある顔立ちで心を和ませてくれます。

f:id:photolifenet:20200630201211j:plain
 サベグレ谷はとても湿度の高い場所で辺りは雲霧林に覆われています。木々の幹や枝にはたくさんの着生植物が張り付いており、日本では決して見られないような自然が広がっています。それらを見るだけでもここを訪れる価値がありそうです。

f:id:photolifenet:20200630201044j:plain
 使用機材のカメラはSONY α550、レンズは Sigma AF70-300 Apo。1枚目の写真の撮影データは焦点距230mm、35ミリ版換算345mm、ISO 800、F 7.1、1/320sでした。1枚目の写真はクリックして大きく見ることができます。