写真生活 on Line

カメラと写真を楽しむ豊かな生活、そして鳥が大好き

コスタリカ 火の鳥ケツァール

f:id:photolifenet:20200701205618j:plain
 中米のコスタリカは昨日もお話ししましたが、世界的にエコツーリズムの国として有名で彼ら国民の自然に対する態度はとても印象の良いものです。その真実の正否はさておき、確かにこの国では自然に親しむことができ、またこの国ならではの特徴もあります。それが今日の写真のケツァールです。
 ケツァールは日本では手塚治虫火の鳥のモデルとして有名ですが、世界でもこの鳥はその美しさから超有名で、この鳥を見るために世界中から人が集まります。

f:id:photolifenet:20200701205635j:plain
 コスタリカでは大体一年中ケツァールを見ることができますが、この写真のようにオスの尾が最も長くなる時がハイシーズンで、その頃に人が増えますからホテルの予約が難しくなります。でもサンホセからであれば日帰りが可能です。なんといってもコスタリカの強みはこの貴重なケツァールを安全にそしてほぼ確実に見ることができることです。他の国でも生息しているのですがこうは簡単にいきません。

f:id:photolifenet:20200701205652j:plain
 コスタリカでは昨日のこのブログにも書きましたが、ケツァールを守るために地域住民が協力して保護に取り組んでおり、また密猟にも目を光らせています。ですからケツァールのメッカともいえるサベグレ谷には生息数が多く、また彼らは人を怖がらず、地元のガイドは彼らの生態を知り尽くしていることから、ガイドに頼ればほぼ確実に見ることができるのです。よって海外から高い旅費を払って訪れた観光客を失望させることなく、コスタリカの印象を良くしたうえで満足させることができるのです。もちろんケツァールツアーは日本人にもとても人気があります。

f:id:photolifenet:20200630201044j:plain
 使用機材のカメラはSONY α550、レンズは Sigma AF70-300 Apo。1枚目の写真の撮影データは焦点距135mm、35ミリ版換算202mm、ISO 800、F 8.0、1/50sでした。1枚目の写真はクリックして大きく見ることができます。