写真生活 on Line

カメラと写真を楽しむ豊かな生活、そして鳥が大好き

コスタリカ 背景は自宅近くの公園

f:id:photolifenet:20200710200430j:plain
 中米のコスタリカに住んでいた当時、自宅は首都サンホセ市街地のかつての高級住宅地にありましたから、ダウンタウンに歩いて30分ほどの距離で、また近くに大きなショッピングモールがあり利便性の高い場所でした。そんな便利な場所ですが近くに川が流れていたせいで緑が多く、野鳥をたくさん見ることができました。
 自宅のすぐ近くに1街区分ほどの空き地があり、そこはいつも草が刈られて手入れされており、公園のように解放されていました。樹木は少なかったのですが、それでも野鳥を多く見ることができ週末には必ず訪れていました。これらの写真はその公園で撮ったものです。

f:id:photolifenet:20200710200515j:plain
 日本でキツツキを見る機会は少ないと思うのですが、自宅周辺にはたくさん生息しており、公園の木にもこの写真の通り多くの巣がありました。このキツツキはこの国では最も一般的な種類で、ベリーズでも全く同じではありませんが、これに似た種類のキツツキが見られます。

f:id:photolifenet:20200710200532j:plain
 この鳥はキスカディで、中米各地でよく見かける種類です。彼らは人と共に暮らす習性があり、人家の窓の鉄格子や雨どいなどに巣を作ります。でもその巣はごみを集めたかのように見かけが悪く、巣を作られた家は気の毒に思えます。

f:id:photolifenet:20200710200552j:plain
 コスタリカだけでなく中米全般にそうだと思いますが、ハトの種類がとても多く驚きます。逆に日本ではどうして少ないのか不思議なほどです。この公園ではコスタリカ滞在中に多くの種類の野鳥を見ることができましたから順次ご紹介していく予定です。

f:id:photolifenet:20200710200354j:plain
 使用機材のカメラはSONY α700、レンズは Sigma AF70-300 Apo。1枚目の写真の撮影データは焦点距90mm、35ミリ版換算135mm、ISO 250、F 4.0、1/160sでした。1枚目の写真はクリックして大きく見ることができます。