写真生活 on Line

カメラと写真を楽しむ豊かな生活、そして鳥が大好き

セントルシア 背景はピジョンアイランドの博物館

f:id:photolifenet:20200730211737j:plain
 カリブ海の島国セントルシアはバナナ栽培、輸出が盛んでしたが、現在は観光産業に官民ともに力を入れており、今後に期待できる分野です。ところが現在コロナ渦のために世界中で客足が遠のいていますが、セントルシアにも大きな影響があるのではと案じています。
 それはともかくこれらの写真はこの国一番の観光地であるロドニーベイの北の端にあるピジョンアイランド国立公園でのものです。1枚目の背景にはかつてイギリス軍が造った軍事施設の遺跡を改築した博物館が写っています。

f:id:photolifenet:20200730211754j:plain
 公園の広場は広々とした芝生になっており、夏にはここで有名なミュージシャンを集めて開催されるロックフェスティバルがあり、この広場が人で埋まります。普段は人は少なく静かで、時々ここで結婚式が行われたりします。この風景、南国ムード満点できれいですね。

f:id:photolifenet:20200730211809j:plain
 これが園内にあるビーチの一つ。水の透明祖は高く、いつも波が穏やかでシュノーケリングすれば浅瀬でも熱帯魚と共に泳ぐことができます。奥に見えているのが、かつてイギリス軍が造った砦の遺跡がある丘で、そこからの眺めは360度最高です。

f:id:photolifenet:20200730211717j:plain
 使用機材のカメラはSONY α100、レンズは Minolta AF35-105。1枚目の写真の撮影データは焦点距離35mm、35ミリ版換算52mm、ISO100、F 10.0、1/100sでした。1枚目は写真をクリックして大きく見ることができます。