写真生活 on Line

カメラと写真を楽しむ豊かな生活、そして鳥が大好き

ベリーズ 川岸のカニ

f:id:photolifenet:20200809205955j:plain
 中米の国ベリーズの最大の都市ベリーズシティは、カリブ海に突き出た扇状地のような土地ですから、市内どこでも標高は低く平均で50㎝もないほどです。かつてはマングローブに覆われた湿地のような土地であったと思われますが、今でもその面影を見ることができます。
 今日の写真はそんな土地に住む変わった形のカニの話題です。

f:id:photolifenet:20200809210014j:plain
 この写真のカニは甲羅の一番広いところで5㎝ほどしかない小さな体ですが、御覧の通り一方のはさみが異常に大きく、そのはさみを支える腕も体と不釣り合いなほどです。それに比べて他方のはさみは異様に小さくまるで赤ちゃんのそれです。さらに面白いのは大きなはさみは左右どちらかに決まってはいなようで、個体によってまちまちです。

f:id:photolifenet:20200809210036j:plain
 これが上記のカニが住む川岸のマングローブの林で、当時住んでいた自宅から歩いて10分ほどの場所を流れる川岸を覆っていました。

f:id:photolifenet:20200809210053j:plain
 このマングローブの木は背が高く、川の両岸にうっそうとして茂っており、街中でありながらその様子はなるでジャングルの中のようでした。この川には大きなクロコダイルも住んでいましたから川岸では油断できません。

f:id:photolifenet:20200809205922j:plain
 使用機材のカメラはSONY α77Ⅱ、レンズは SONY 70-300mm F4.5-5.6 G SSM。1枚目の写真の撮影データは焦点距離300mm、35ミリ版換算450mm、ISO 400、F 5.6、1/500sでした。1枚目の写真はクリックして大きく見ることができます。