写真生活 on Line

カメラと写真を楽しむ豊かな生活、そして鳥が大好き

背景は南の国の遺跡

f:id:photolifenet:20170110204117j:plain

 カリブ海の島国セントルシアには、かつてこの島を自国の領地にしようと、イギリスとフランスが激しく戦いました。大航海時代にはカリブ海においてこの島は戦力上非常に重要な意味を持っていまいたから、双方とも死力を尽くして戦ったのです。その結果、この島の領有権は16回も書き換えられました。
 イギリス軍はこの島に軍の基地と砦を築き、北から迫るフランス軍に対抗したのですが、その時の建造物が遺跡として残っています。
 その遺跡は現在、この島の重要な観光資源となっており、皮肉な形でこの島の産業に貢献しています。
 ジャングルと海を背景にした遺跡はとてもフォトジェニックで、ここを舞台に沢山の撮影をしました。今日の2枚はその時のものです。

f:id:photolifenet:20170110204547j:plain

 カメラはNikon Coolpix 5400。大きな写真の撮影データは、焦点距離14.5mm、35mm版換算の焦点距離70mm、ISO50、F6.2、1/99sでした。また、大きな写真はクリックして更に大きく見ることが出来ます。
 ところでこの写真、とてもコンパクトカメラで撮ったものとは思えない程素晴らしい画質で、脱帽です。