写真紹介 on Line

カメラと写真を楽しむ豊かな生活、そして鳥が大好き

ベリーズ 自宅敷地のバーミリオン フライキャッチャー

 中米ベリーズに滞在していた間の住宅は、この国最大の都市であるベリーズシティの市街地中心部から車で15分ほどの距離にある住宅地にありました。ベリーズシティは扇状地であることから標高が低く道路側溝をはじめ市内のあちこちに多くの水場があります。そのためか野生動物が非常に多く日常生活の中での彼らのとのふれあいはごく当たり前のことでした。自宅の敷地は集合住宅のために大きく、3方は道路に囲まれていますが残る一方はマングローブの茂ジャングルのような林となっています。また敷地中央には大きな池があり、魚、カニ、カメ、タニシなどの水生動物が生息しており、建物の床下にはイグアナも住んでいます。今日の写真はそんな自宅敷地内で見かけたバーミリオン フライキャッチャーです。

 この鳥は人間に対する警戒心が全く無いのではないかと思うくらいに人を恐れません。人通りの多い道路の、人の手が届く垣根に営巣したり、玄関入り口の鉢植えの木に巣を作ったりします。この習性は天敵から巣を守るための手段かもしれません。この鳥は日本のスズメと同じように人里離れると見かけなくなります。

 上の写真の個体は成鳥になる前のオスなのか、あるいは成鳥のメスなのかよく分かりません。3枚目のこの写真に写っている赤色の美しい鳥は成鳥のオスです。頭からおなかまで目の覚めるような美しい色をしています。

 これが自宅のあった敷地の北側を見た一部です。緑の芝生部分に樹木が植えられていませんが家主曰く、埋め立てた土が悪く育ちが悪いとのことでした。どこまでの平坦な国土のこの国では土は貴重品のようです。

 使用機材のカメラはSony α55、レンズは Minolta AF100-300 Apo。1枚目の写真の撮影データは焦点距300mm、35ミリ版換算450mm、ISO400、F5.6、1/500sでした。また1枚目の写真はクリックして大きく見ることができます。

ベリーズ クルックドツリー野生生物保護区の洪水

 今日の写真は中米ベリーズの話題です。ベリーズはメキシコの領土がほとんどを占めるユカタン半島の付け根にある、日本の四国ほどの面積を持つ小さな国です。気候は熱帯に属しますから一年は雨季と乾季に分かれています。乾季には雨が少なくなり土地はからからに乾きますが、雨期になると乾季の時の借りを返そううかとするかの如く大量の雨が降ります。ベリーズは国土のほとんどが平坦な土地ですから降った雨は簡単に流れてくれません。おまけに、ベリーズの国土は狭いのですが上流には他の国があり、そこに降った雨が海側に位置するベリーズに流れ込みます。ですから雨期には洪水が頻繁に起き、そして平野であるだけに水はなかなか引かずそれが長く続きます。1枚目の写真はベリーズシティから1時間ほどの距離にあるクルックドツリー野生生物保護区ですが、幹線道路から保護区に通じる道路が水没していることからボートで住民の往来を支援している様子です。この写真で注目なのは、黄色いカッパの人がライフルを手にしていることです。軍からの派遣だそうですが私にはその理由が理解できないことと、彼は軍人なのでしょうが、どうしてライフルを携えてビーチサンダルを履いているのでしょうか。

 2枚目の写真はクルックドツリー野生生物保護区の入り口にあるインフォメーションセンターの横から撮った1枚ですが、保護区の湖の水位が非常に上がっているのが雰囲気でお分かりのことと思います。幹線道路から保護区に通じる道は電柱が並んでいることから分かるのですが完全に水没しています。

 3枚目はボートに乗り込むために桟橋で待つ住民たちです。右の方にもう一つの桟橋が見えています。この写真を撮った数日後にボート同士が衝突し一人の学生が亡くなっています。痛ましい事故でした。

 1枚目の写真の撮影機材は Sony Cyber-shot WX5。撮影データは焦点距離 4.3 mm、35ミリ版換算 ? mm、 ISO 200、F 2.4、1/250sでした。写真はクリックして大きく見ることができます。

日本 熊野の新宮城

 南紀旅行の3日目の最終日は昨夜に泊まった新宮市内のホテルからほど近い新宮城に行ってみました。ここは新宮市内の熊野川河口近くにあり眺めのいいところです。行ってみて驚いたのは、天守閣はないのですがそれを支えた石垣の素晴らしさです。1枚目の写真は天守台ですが写真の通り、角の石積みに一分のすきまもなくまさに剃刀のは一枚も入りません。残念ながら一部は崩れていますが、当時の精巧な造りは十分に見て撮れます。

 この城跡については公式ウエブサイト( 新宮城跡(丹鶴城跡)|新宮市観光協会 (shinguu.jp) )に詳しいことからそちらを参考にしてください。新宮市訪問の際にはこの城跡を見学することをお勧めします。

 3枚目は旅行2日目の熊野古道の大門坂近くの民家の屋根に停まったイソヒヨドリのメスです。この場所は海岸から相当離れていますが最近はずいぶん山奥でもこの鳥を見ることができるようです。多くの地域でたくさんの種類の鳥が見られるようになるのはうれしいことです。

 使用機材のカメラはSONY Cyber-shot RX10 Ⅳ。1枚目の写真の撮影データは焦点距8.8mm、35ミリ版換算24mm、ISO 400、F5.6、1/500sでした。1枚目の写真はクリックして大きく見ることができます。

日本 自宅近くのイソヒヨドリ

 2023年1月26日の今日、岐阜市近郊にある自宅に近い文殊の森公園に行きました。ここは山全体が公園となっており、文殊山頂上(山口城跡)に続く登山道がいくつも整備されています。普段の運動不足を補うには、標高345mへの登山は程よい運動になりますから週に3,4回は出かけています。もちろん鳥好きの私としては登山だけでなくその途上での探鳥が動機のメインとなっています。しかし今年は例年に比べて野鳥に出会うことが非常に少なく、もしや鳥インフルの影響ではないかと心配しています。いつも通り今日も特に鳥に出会うことなく登山を終えました。その帰路、毎年レンジャクが訪れる場所に寄り道したのですが彼らの姿はありませんでした。しかしその後、なんと幸運なことにこの写真のイソヒヨドリに出会うことができました。出会った個体は去年誕生した若鳥でしょうか、羽毛がまだ成鳥の羽毛に生え揃っていないように見えました。自宅近くでイソヒヨドリに会えるとはこれまで思ってもみませんでした。

 文殊の森公園からの帰路、上記のイソヒヨドリに出会うその少し前に、この写真のジョウビタキのオスに出会いました。オスとの出会いは今シーズン初です。彼は私が車を降りて撮影のために近づいてもそれほど気にする様子はなく餌探しをしていました。こちらも綺麗な鳥ですね。

 文殊の森公園では今シーズンは特に鳥たちに出会う機会が少ないとお知らせしました。いつもならすでに10種類以上の冬鳥に出会うのですが、それが今シーズンはこの写真のルリビタキのメスにしか出会っていません。彼女にはこれまで数回出会っているのですが。

 使用機材のカメラはSONY Cyber-shot RX10 Ⅳ。1枚目の写真の撮影データは焦点距220mm、35ミリ版換算600mm、ISO 400、F4.0、1/2,000sでした。1枚目の写真はクリックして大きく見ることができます。

コスタリカ 道路並木のキツツキ

 中米のコスタリカに滞在していた間の自宅は、首都サンホセダウンタウンに近い住宅地にありました。自宅はタウンハウス形式の集合住宅で、表の道路は定期バスが運行される街の主要道路で、自宅敷地側には広い緑地帯と歩道がありました。その歩道には並木があり、それらの木にはいくつものキツツキの穴がありました。その一つに彼らは営巣していました。その並木は大木ではなく背も10m以下のごく普通の大きさでした。ですから彼らキツツキの巣はそれほど高い場所にあった訳ではなく、せいぜい3mほどで少し木を登れば手が届くほどでした。1枚目はメスのキツツキが巣の周りを警戒する様子です。

 この歩道はそれほど人通りが多いわけではないのですが、近くにバス停があるために巣のすぐ下には人が集まり、また車は頻繁に通りますからその意味では騒々しい場所です。こんな環境ですが彼らはここに巣を作るのです。彼らは人をそれほど怖がらず人間への信頼が厚いように見えます。日本とは大違いですね。

 道路の並木には、ところどころにこうして熱帯地方を思わせる着生植物、エアープラントが育っています。その種類は様々で数も多いことから散歩の際によく目に付き飽きません。時々歩道に落ちているのを持ち帰り自宅の庭木につけてあげると繁殖しますから、手軽にエアープラントを楽しむことができます。

 使用機材のカメラはSony α700、レンズは Sigma AF70-300 Apo。1枚目の写真の撮影データは焦点距200mm、35ミリ版換算300mm、ISO400、F6.3、1/250sでした。また1枚目の写真はクリックして大きく見ることができます。

ベリーズ 背景は野生豊かなベリーズ川支流

 今日の写真は中米ベリーズの最大の都市であるベリーズシティの川沿いの様子を写したものです。当時の自宅はベリーズシティの市街地中心部から車で15分ほどの距離にある住宅地にありました。その近くにベリーズ川の支流が流れており、週末にはその川を折り返し地点とした約3㎞の散歩を日課にしていました。ベリーズシティはカリブ海に突き出た扇状地で市内全体の標高が低くあちこちに多くの水場がありました。その水場には魚をはじめとした水生動物が多く住み、そしてそれを狙う鳥たちを多く見かける自然豊かな土地でした。1枚目の写真はその自然豊かなベリーズ川支流を背景にしたものです。

 ベリーズ川支流は町中においても川の両岸にはこの写真の通り背の高いマングローブの木が茂っており、町中に居ながらにしてジャングルの気分を味わうことができる場所となっています。よってここでは野生動物も多く見ることができ他の国では町を遠く離れないと見られないような生き物が多く生息しています。この写真では水面は満潮で川の流れがなくなり静かな様子を見せています。

 マングローブ林の中にいたブロンズド カウバードです。カウバードといえば日本語でウシツツキで、アフリカで水牛のなどの体に付いた虫を食べる鳥としてテレビなどで紹介されます。ここではあまり頻繁に見かける鳥ではありませんから、ベリーズシティ市内でこうして出会えたことは幸運といえそうです。

 川の上空ではこうしてオスプレイ、日本名ミサゴが舞っていました。ミサゴはベリーズシティ市内でもよく見かける鳥で、特に珍しくはありません。夕方にビルの鉄塔の先端に停まっている姿を見かけることがあります。また運が良ければ海岸で、豪快に海に飛び込む姿を見ることができます。

 使用機材のカメラはSony α55、レンズは Minolta AF100-300 Apo。1枚目の写真の撮影データは焦点距100mm、35ミリ版換算150mm、ISO400、F7.1、1/400sでした。また1枚目の写真はクリックして大きく見ることができます。

日本 藤前干潟のウ

 今日の写真は先日の2023年1月12日に名古屋市藤前干潟に行った際に、干潟上空を飛びすぎる野鳥に出会った時のものです。その鳥たちはV字型のきれいな編隊飛行をしていたことからガンの仲間かなと思いました。しかし写真を撮って拡大してみると彼らはカワウ或いはウミウでした。

 カワウ(多分)の群れはどれも10から20羽で、それらがいくつも飛びすぎて行きました。集団で餌場を移動していたのでしょうか。写真は太陽方向に向かっていて劇的な絵になりました。

 彼らは大抵このようにきれいな編隊で飛行していました。この編隊飛行については手元の図鑑に依れば、やはりガンに間違われることが多いとのことです。

 藤前干潟の野鳥観察館の前の浅瀬にたくさんのカモメが集まっていました。少し遠かったのですが彼らが一斉に飛び立つとなかなかの見物でした。この浅瀬にはミサゴもいました。

 使用機材のカメラはSONY Cyber-shot RX10 Ⅳ。1枚目の写真の撮影データは焦点距127.3mm、35ミリ版換算320mm、ISO 100、F5.0、1/1,000sでした。1枚目の写真はクリックして大きく見ることができます。