写真紹介 on Line

カメラと写真を楽しむ豊かな生活、そして鳥が大好き

日本 雪の日のソウシチョウ

 今日のは4年前の冬に生まれて初めて出会ったソウシチョウの写真です。時期は1月26日で、場所は岐阜市近郊にある自宅の周辺の散歩コース上でした。自宅は濃尾平野から山間部に入る地点に当たり、そのため地形は変化に富んで多様な自然が見られるところです。ここでは一年を通じて様々な野鳥や獣たちに出会うことができます。獣でいえばこれまでにキツネ、アナグマ、イノシシ、イタチ、タヌキ、サル、ヌートリアなどで、ほかに鹿やカモシカにも出会ってはいますが散歩コース上ではありませんでした。

 ソウシチョウは、この時期にまだ残っていた柿の熟した実を食べに来ていました。群れの数は7羽ほどで、おとなしく実をつついていました。私は逃げられないかと恐る恐る近づいて行きましたが彼らは、警戒はしていましたが遠くに飛び去るような様子はありませんでした。

 彼らはスギの木の高い枝から、柿の実の近くにいた私の前に現れたのですが、最初は何の鳥か分からずまた、その姿の美しさに驚きました。これがうわさには聞いていたソウシチョウかと。それにこの場所は自宅のすぐ近くでしたから本当に興奮したものです。ちなみにソウシチョウは中国或いは東南アジアから来た外来種です。

 この日の朝は一面の銀世界で散歩コースの農地や河原は御覧の写真の通り雪に覆われていました。ソウシチョウたちはこんな日のためにあの柿を食べないでとっておいたのでしょうか。
 使用機材のカメラはSONY Cyber-shot RX10 Ⅳ。1枚目の写真の撮影データは焦点距220mm、35ミリ版換算600mm、ISO 400、F 4.0、1/500sでした。1枚目の写真はクリックして大きく見ることができます。

ベリーズ 背景はマングローブのある川

 中米の国ベリーズに滞在していた当時、自宅はこの国最大の都市ベリーズシティの市街地中心部から車で15分ほどの住宅地にありました。ベリーズシティは都市といっても小さな町ですから総てがのんびりしています。人口密度は低く、またカリブ海に突き出た扇状地で低い標高のため湿地が多くあり、豊かな自然に恵まれています。当時の自宅から歩いて20分ほどのところに街を2分するように流れている川岸に出られる場所があり、そこは毎週末の散歩の折り返し地点でした。今日の写真はその散歩時のもので、1枚目は岸に立って川を背景にしています。ここは川幅が狭く後にここには橋が架けられます。この川の両岸はマングローブに覆われ、水中には人を襲うクロコダイルが住んでいます。

 上記の通り川を折り返し地点にしている、いつもの散歩の途中で見かけたキツツキです。このキツツキはこの国で最も一般的にみられる種類で都市部でも多く生息しています。彼らは好んで道路わきの木製の電柱に巣穴を掘り、そこで子育てをします。

 こちらは全身が赤色のサマー タナガーです。この鳥も都市部で見かけることは珍しくなく、散歩の際に注意していると見つかることがあります。ベリーズで生活を始めた当時、この派手な体色の鳥を見て驚きました。緑の樹木の中で本当によく目立ちます。

 撮影機材は Fujifilm Fine Pix F200 EXR。撮影データは焦点距離 14.0 mm、35ミリ版換算 64 mm、 ISO 200、F 4.1、1/300sでした。写真はクリックして大きく見ることができます。

ベリーズ 遺跡のインコとナツメ

 中米の国ベリーズの最大の都市ベリーズシティから車で1時間ほどの距離に古代のマヤ遺跡アルツンハがあります。ここは遺跡を保護するために公園化されており、海外からの大型クルーズ船が寄港する最大の都市に最も近いマヤ遺跡として人気の観光スポットになっています。人々は古代の遺跡を目当てに訪れるのですが、ここは同時にバードウオッチングの場所としても有名な場所なのです。今日の写真は公園内で見かけたオリーブスローティッド パラキートです。1枚目は園内にある木の実を食べるパラキートをピラミッドの上から撮りました。

 パラキートたちが食べているこの木の実はたぶんナツメの仲間で、私もかじってみましたがナツメの味がしました。ナツメは日本では楕円の形が一般的ですが、こういった丸いのもあります。

 ナツメは子供の頃に近所の敷地などに植えられているのを勝手に木に登り取って食べていました。今はだれもそんなことをしないのでしょうね。ベリーズでもこの木の実を採って食べる人はいないようで、こうして熟して地上に落ちていました。私はインコをよそ眼にポケットに詰めるだけ詰めて持ち帰り、道々食ながら帰宅しました。

 使用機材のカメラはSony α55、レンズは Minolta AF100-300 Apo。1枚目の写真の撮影データは焦点距300mm、35ミリ版換算450mm、ISO400、F6.3、1/640sでした。また1枚目の写真はクリックして大きく見ることができます。

 

日本 庭で見られる夏の虫

 今日の写真は、数年前のものですが岐阜市近郊にある自宅の庭で見られる昆虫を集めてみました。1枚目はシジミチョウの仲間のベニシジミです。小さな体ですが、とてもきれいなチョウですから写真の被写体にしたいのですが、いざ探すと見つかりません。でもそれほど珍しい種類ではありません。

 こちらはネジバナに来た甲虫ですが種類は分かりません。以前は庭にこうしてネジバナがたくさん咲いていたのですが今ではすっかり見なくなりました。ネジバナは最も身近で見られるランです。

 3枚目はトンボですが、それほど頻繁に見かける種類ではないと思います。ウエブサイトの図鑑で調べたのですが種類が分かりません。トンボは日本だけでもあまりに多くの種類があることに驚きました。トンボに限ったことではなくチョウにしても多くの種類が生息しています。

 こちらはおなじみのニイニイゼミで、夏を代表する昆虫ですね。この鳴き声は耳鳴りなのかと時々思ってしまいます。私はアブラゼミよりこのセミの鳴き声の方が断然好きですが、そういえば自宅周辺では先日の台風14号以来セミの鳴き声が聞こえなくなっています。

 使用機材のカメラはSony α550、レンズは Sigma AF17-70。1枚目の写真の撮影データは焦点距70mm、35ミリ版換算105mm、ISO200、F7.1、1/160sでした。また1枚目の写真はクリックして大きく見ることができます。

日本 背景は天王寺公園の花の柱

 今日の写真はソニーからずいぶん前に発売された画期的なカメラで撮影した写真です。このカメラを使ってみて最初に思ったのは女性がきれいに写ることでした。その理由がなんであるのか、他とはどう違うのか分かりませんがとにかくこのカメラで写すときれいに写るんです。このカメラのスペックやインプレッションについては多くのプロのカメラマンが記事を書いていますからそちらを参考になさってください。例えば オールドデジカメの凱旋:ソニーサイバーショットDSC-R1(2005年) - デジカメ Watch Watch (impress.co.jp) 。

 2枚目は24㎜から始まるズームレンズの最広角端で撮ったものです。撮像センサーがAPS-Cに迫る大きさでありカールツアイスのレンズを使用しているのですから写りが悪いはずがありません。とても抜けが良くクリアーでゆがみを感じない描写です。撮影場所は大阪の天王寺公園です。

 近くに来たカラスを捕りました。焦点距離は35㎜版換算で120㎜相当の望遠端です。出来上がったが画像に問題は感じません。ところでカラスのくちばしってこんなに先端が曲がっていましたっけ。

 撮影機材は Sony Cyber-shot R1。撮影データは焦点距離 52.5 mm、35ミリ版換算 約90 mm、 ISO 160、F 4.5、1/200sでした。写真はクリックして大きく見ることができます。

ベリーズ 背景はサンペドロのビーチ

 中米ベリーズカリブ海に面する国でその沖にはいくつかの島があり、それらの2つは人が住んでいます。そのいずれの島も観光地となっており、ハリケーンシーズン以外は多くの観光客でにぎわっています。ベリーズ沖にはオーストラリアに次ぐ世界第2位の規模を誇るサンゴ環礁があり美しい海が広がっていますが、日本ではあまり知られていません。人の住む島の一つであるアンバーグリス島(中心部の町の名前はサンペドロ)は白い砂浜の海岸に多くのホテルや別荘が立ち並ぶこの国一番の観光地となっています。今日の写真はそこで撮ったもので1枚目は島の穏やかな波と白い砂のビーチを背景にしました。

 2枚目は我々が泊まったホテルの前にある桟橋で、遠浅であることから長く沖まで設けられています。こうしないと干潮の時に船をつけることができません。白い砂のビーチは美しいのですが誰もここで泳ぎません。観光客は船で沖に出て魚がたくさんいるもっと美しい海洋公園で楽しむからです。でもこのビーチでも魚はおり海水浴を十分に楽しむことができます。ただ近づく船には注意する必要があります。

 3枚目はホテルの庭に設けられた餌代に集まった鳥たちです。餌代は色の付いた砂糖水で、フーディッドオリオール、ゴールデンフロンテッド ウッドペッカーが来ています。手前のキツツキはまだ幼鳥ですが、奥にはそれを見守るかのように親鳥がいます。この島は欧米人に人気ですからハイシーズンには予約が取りにくくなります。

 使用機材のカメラはSony α55、レンズは Sony DT18-200。1枚目の写真の撮影データは焦点距18mm、35ミリ版換算27mm、ISO400、F11.0、1/640sでした。また1枚目の写真はクリックして大きく見ることができます。

日本 文殊山のシジュウカラとヤマガラ

 2022年9月20日台風14号一過の朝を迎えました。午前中10時頃まで湿度のある重い空気でしたが、その後は空気が入れ替わり一気にさわやかな日となりました。おかげで自宅近くの文殊山に登っても、これまでとは汗の出方が違いました。さて、この時期にこの山で見られる野鳥は少ないのですが、今日も例外ではなく出会えたのはシジュウカラヤマガラメジロのみでした。1枚目は餌を探しながらシジュウカラが我々に近づいてきたときのものです。

 そのシジュウカラは今年巣立った若者のようで羽毛はまだ成鳥のように生え揃っていませんでした。

 私が今日文殊山で出会った野鳥は上記のシジュウカラの群れのみだったのですが、その中には何羽かのヤマガラも混じっていました。3枚目はその中の一羽ですが、こちらは成鳥のように見えます。ところでこの公園の四季の展望台ではこれまでに何度もサシバに出会っており、今日も昼食を取りながら注意して見張っていましたが現れることはありませんでした。彼らはもうそろそろ南に帰る時期になります。

 使用機材のカメラはSONY Cyber-shot RX10 Ⅳ。1枚目の写真の撮影データは焦点距220mm、35ミリ版換算600mm、ISO 400、F 4.0、1/400sでした。1枚目の写真はクリックして大きく見ることができます。