写真生活 on Line

カメラと写真を楽しむ豊かな生活、そして鳥が大好き

ベリーズ アルツンハの野鳥たち

f:id:photolifenet:20180619203354j:plain

 中米の国ベリーズは、日本ではあまり知られていないのですが、欧米では観光地として有名です。その観光の目玉は、美しいサンゴ礁のあるカリブ海、紀元前からの全国に散らばるマヤの遺跡群、多くの湿地及び緑濃いジャングルのツアーなのです。
 どちらかと言えば若者に人気が高いのが海洋リゾートで、熟年は古代の歴史を垣間見るマヤ遺跡と、野生が溢れるジャングルツアーが人気があるような気がします。

f:id:photolifenet:20180619203410j:plain

 この国最大の都市であるベリーズシティから、車で1時間ほどの手軽な距離にあるアルツンハ公園は、規模は中程度ですがマヤのピラミッド遺跡があり、またそこは周りがジャングルであることから豊かな野生に出会うことができるということで、人気のツアーコースです。
 そのアルツンハ公園で撮ったのが今日の写真の鳥たちで、1枚目が Brown-crested Flycatcher (ブラウンクレステッド フライキャッチャー)、2枚目がこの国で最も多くみられるインコ、3枚目が多分ノーザン パルーラです。

f:id:photolifenet:20180619203423j:plain

 このアルツンハ公園は、ジャングルの中に開いた密林の空白地帯ですから、ジャングルに住む多くの動物たちを見ることができるのです。なぜならジャングルの中に入ってしまうと、あまりにも樹木や枝葉が多く、それらが邪魔をして声は聞こえても姿を見ることができないからです。
 ここならジャングルのへりに来る野鳥たちを容易に見つけることができ、また写真も撮れる機会が増えるのです。

f:id:photolifenet:20180618200151j:plain

 使用機材のカメラはSony α77Ⅱ、レンズは SONY 70-300mm F4.5-5.6 G SSM。大きな写真の撮影データは、焦点距離300mm、35ミリ版換算450mm、ISO 400、F 7.1、1/800sでした。また、大きな写真はクリックして更に大きく見ることが出来ます。

ベリーズ 郊外で見られる Acorn Woodpecker (エイコーン ウッドペッカー)

f:id:photolifenet:20180618200219j:plain

 中米の国ベリーズは熱帯地方に位置することから、一年中緑に覆われたジャングルがあります。そのジャングルのおかげで多様性がはぐくまれ、様々な野鳥が生息しているのですが、中でもキツツキ類は10種類以上がベリーズ内の鳥として図鑑に紹介されています。
 日本でのキツツキ類は、コゲラアカゲラオオアカゲラアオゲラヤマゲラクマゲラの6種が良く知られています。
 私はベリーズに住んでいた頃、当地で7種類のキツツキを確認しましたが、その数は既に日本のキツツキの数を超えています。それほどにこの熱帯のベリーズにはキツツキの数が多いのだと思います。

f:id:photolifenet:20180618200234j:plain

 今日の写真の Acorn Woodpecker (エイコーン ウッドペッカー)は、都市部の街中でも見られるゴールデンフロンテッド ウッドペッカーと並んで生息数が多く、よく出会うことができるのですが、しかし都市部の街中で見ることはなく、でも都市部郊外の村落部では普通に見られます。
 この鳥もゴールデンフロンテッド ウッドペッカーと同じように、道路脇の電柱に営巣することが多く、それが常に村落部内であることから、スズメと同じように、人間の近くで生活する習性があるようです。
 それとこのキツツキの大きな特徴は、幹に穴を掘り、大好物のドングリを貯蔵することで、その習性から日本名はドングリキツツキと呼ばれます。
 写真の場所は、ベリーズシティから車で1時間ほどの距離にあるクルックドツリー野生生物保護区内です。

f:id:photolifenet:20180618200151j:plain

 使用機材のカメラはSony α77Ⅱ、レンズは SONY 70-300mm F4.5-5.6 G SSM。大きな写真の撮影データは、焦点距離70mm、35ミリ版換算105mm、ISO 800、F 5.6、1/500sでした。また、大きな写真はクリックして更に大きく見ることが出来ます。

ベリーズ 背景はアルツンハのピラミッド

f:id:photolifenet:20180617205800j:plain

 今日の写真は、中米の国ベリーズの、この国最大の都市であるベリーズシティに最も近いマヤ遺跡のあるアルツンハ公園のピラミッドが背景になっています。
 マヤは、ユカタン半島を中心に栄えた文明で、遺跡がメキシコ、グアテマラホンジュラスなどに多く見られ、ベリーズでも全土に散らばってあります。
 このマヤ遺跡はメキシコ、グアテマラのものが有名ですが、ベリーズでも貴重な観光資源となっており、海外から多くの観光客が訪れる観光の目玉の一つになっています。
 このアルツンハは、ベリーズ国内では中規模程度の遺跡群ですが、大型クルーズ船が寄港するベリーズシティに近いことから、週日にはそれらの観光客が多く、大変賑わっています。

f:id:photolifenet:20180617205824j:plain

 マヤ遺跡の目玉は何といってもピラミッドで、中米以外では見ることができない非常に貴重な先人からの遺産です。現地を訪れてみると、これだけの規模のものを石器の時代に良く造れたと感嘆します。
 こういった貴重な場所では、そのピラミッドを入れた記念写真をうまく撮りたいものです。
 1枚目は、この公園ではきれいに補修されているピラミッドの中では最も規模の大きなもので、これを背景にした写真は必ず確保したいものです。
 ところでこの写真で、ピラミッドの右端に人物が写っていますが、これで規模がご想像できるかと思います。
 2枚目の背景は同じ園内の、ここでは最も低いピラミッドです。どちらもジャングルの中に建つピラミッドは絵になりますね。

f:id:photolifenet:20180618200039g:plain

 使用機材のカメラはSony α77Ⅱ、レンズは SONY 70-300mm F4.5-5.6 G SSM。大きな写真の撮影データは、焦点距離70mm、35ミリ版換算105mm、ISO 400、F 8.0、1/320sでした。また、大きな写真はクリックして更に大きく見ることが出来ます。
 

日本 数少ないキジの撮影機会

f:id:photolifenet:20180616220613j:plain

 岐阜市近郊にある自宅周辺の、野鳥撮影を兼ねた散歩において、新緑以降は野鳥の姿がそれまでのように見られなくなり、撮影の期待感が大幅に下がる中で、小さな希望の一つはこの辺りに多く住むキジとの遭遇です。
 キジを見かけるのは、10回の散歩で1回あるか無いかですが、そのわずかな1回も極めて遠くの草地を横切るといった、とても写真に撮れそうにない場面がほとんどです。
 散歩しながらキジに遭遇する機会は、何度も繰り返すと現れる場所が大体想像できるようになってきますから、その地点に差し掛かると慎重に辺りを探します。

f:id:photolifenet:20180616220631j:plain

 しかしながら他の鳥に気を取られたりすると、キジが先にこちらを発見し、さっさと逃げられてしまうことが多く、なかなか撮影のチャンスが得られません。
 そんなある日、6月12日のことでした。これまで遭遇したことのない柿畑の隣の休耕地にいたキジが私を先に発見し、私がカメラを用意する間もなく飛び立ちました。
 ところがそのキジ、普通なら追跡できないほどに遠くに飛び去るのですが、この時はこちらから見える範囲に降り立ちました。
 逃げられるだろうと思いながらも後を追いかけ、意外にもしばらく逃げなかった地点から撮ったのが今日の写真です。その場所で10枚ほど撮り終え、更に近づこうとしたところ、今度は遠くに飛び去りました。2枚目の写真がその時撮った1枚でトリミングなしの大きさです。

f:id:photolifenet:20180616220555j:plain

 使用機材のカメラはSony Cyber-shot RX10 Ⅳ 。大きな写真の撮影データは、焦点距離220mm、35ミリ版換600mm、ISO 400、F5.0、1/1,000sでした。また、大きな写真はクリックして更に大きく見ることが出来ます。

日本 散歩道のモズの若鳥

f:id:photolifenet:20180615200302j:plain

 先月5月20日岐阜市近郊にある自宅周辺の散歩の際に、今日の写真のモズを見かけました。これは多分この春に巣だった若鳥と思われます。近くにいた母親らしき鳥と盛んに鳴き交わしていました。
 桜の花が咲く前頃から、それまでこの散歩コースで見られていた多くの種類の野鳥たちが姿を消し、彼らを写真に納める機会がぐっと減っているのですが、このモズだけは大抵いつもコースのどこかで姿を見せてくれます。

f:id:photolifenet:20180615200334j:plain

 特に子育ての時期は神経質になっているようで、巣が近くにあるのでしょうか、人が近づくと向こうから姿を現し、すぐ近くまで来て鋭い声で威嚇してきます。
 時にはその距離が4m以下という時もあるのですが、でもそれをするのはいつもメスで、オスはだいぶ離れて威嚇してきます。子を持つ母親は鳥の場合でも強いですね、
 モズはもともと気が強いのか、他の野鳥に比べて人に対して、それほど神経質に逃げたりすることが少ないように思います。

f:id:photolifenet:20180615200351j:plain

 2枚目の写真は同じ日に撮った、自宅庭に咲いたサツキです。この後さらに花の数が増えました。長年手入れが行き届いていなかったので、庭木にしては少し煩雑になっていますが。
 3枚目は庭木の夏みかんの木に咲いた花ですが、花びらの先端が虫に食べられているようです。この木にはいつもクロアゲハが卵を産み付けます。

f:id:photolifenet:20180615200215j:plain

 使用機材のカメラはSony Cyber-shot RX10 Ⅳ 。大きな写真の撮影データは、焦点距離220mm、35ミリ版換600mm、ISO 400、F8.0、1/1,250sでした。また、大きな写真はクリックして更に大きく見ることが出来ます。このカメラ、今日の写真の通り、望遠からマクロまできれいに撮ってくれますから重宝しています。

ベリーズ 最初で最後の Rufous-browed Peppershrike (ラフォウスブロード ペッパーシュライク)

f:id:photolifenet:20180614202458j:plain

 中米のベリーズの最大の都市であるベリーズシティから、車で1時間ほど北に走ると、大きな湖のあるクルックドツリー野生生物保護区に着きます。
 そこは乾期のシーズンには国境を超えて周辺からたくさんの水鳥たちが集まり、水面が下がって密度の濃くなった湖の魚を捕って食べます。その何万と集まる様はまさに野生のスペクタクルで、これを見ようと世界中から鳥好き、野生好きたちが集まります。

f:id:photolifenet:20180614202512j:plain

 そかしそんなピークは1か月ほどで、それが過ぎると鳥たちは他の水場へと移り、寂しい湖となってしまいます。いくらかは残りますが、その様はピークを知っているだけに寂しい限りです。
 そんなオフシーズンは湖から離れ保護区内の集落の中を歩きながら探鳥するのですが、さすがにここは保護区、時々珍しい鳥に出会います。
 その保護区内で見かけたのが今日の写真の Rufous-browed Peppershrike (ラフォウスブロード ペッパーシュライク)で、どうやら数の少ない珍しい鳥で、この時見たのが最初で最後でした。

f:id:photolifenet:20180614202541j:plain

 この鳥、初めてであったことから、姿がとても印象的で、他のどの鳥にも似ていませんでした。それにここは保護区ということで野生動物の捕獲が禁じられており、人に襲われた経験がないためか、鳥たちは人を怖がりません。
 おかげでかなり近くで撮影でき、2、3枚目はトリミングしてなくてこの大きさに写っています。日本とは大違いですね。

f:id:photolifenet:20180614202435j:plain

 使用機材のカメラはSony α77Ⅱ、レンズは SONY 70-300mm F4.5-5.6 G SSM。大きな写真の撮影データは、焦点距離90mm、35ミリ版換算125mm、ISO 800、F 5.6、1/250sでした。また、大きな写真はクリックして更に大きく見ることが出来ます。

ベリーズ 背景はジャングルに架かる橋

f:id:photolifenet:20180613203506j:plain

 中米のベリーズの、最大の都市はベリーズシティで、かつては首都だったのですが、1970年代の巨大なハリケーンで大きな被害を受け、それを機に内陸部に遷都し、現在ベリーズシティから80Km程の距離にあるベルモパンが首都になっています。
 海岸部にあってハリケーンの被害に弱いベリーズシティですが、今でも商業の中心地となっており、人口も都市設備もこの国最大のままで、また国際空港に近く、外国からの大型クルーズ船も寄港することから観光の中心地でもあります。

f:id:photolifenet:20180613203519j:plain

 そのベリーズシティから西に農牧地を車で30分ほど走ると、この国最大の河川ベリーズ川を横切る橋に出ます。この橋の周辺は深いジャングルになっており、都市の近くでありながら熱帯のジャングルが味わえる貴重な場所となっています。
 車から出ると、とても猿の声とは思えないホエザルの遠吠えが聞こえ、巨大なイグアナが梢で体を温めるのが見え、空をピンクのサギやワシなどが飛び過ぎます。ここは気軽に本格的な野生に出会える、私の週末のお気に入りの撮影ポイントでした。
 写真は、そのベリーズ川に架かる橋が背景で、橋の路面は鉄板のままですから、車が通るとものすごくノイジーです。こういったところにも発展途上国を感じますが、ジャングルにはこういった武骨さが似合います。

f:id:photolifenet:20180613203444j:plain

 使用機材のカメラはSony α77Ⅱ、レンズは SONY 70-300mm F4.5-5.6 G SSM。大きな写真の撮影データは、焦点距離90mm、35ミリ版換算125mm、ISO 400、F 5.6、1/200sでした。また、大きな写真はクリックして更に大きく見ることが出来ます。