写真生活 on Line

カメラと写真を楽しむ豊かな生活、そして鳥が大好き

日本 歩いて発見したベニマシコ

f:id:photolifenet:20191016203415j:plain
 岐阜市近郊にある自宅周辺を、昔から野鳥が好きだったことからカメラを持って散歩するようになり、様々なことを知りました。今更ながらに歩くことの重要性を思い知らされています。
 子供の頃、遊びはいつも外だったことから、その過程で色々なことを学んだのですが、大人になるとまた違った学びがあるように思います。
 歩くことによって景色の四季の移り変わりはもちろんですが、花や虫など道端の小さな変化まで視界に入り込み、その中に新たな発見があり、それを愛でることができます。

f:id:photolifenet:20191016203432j:plain
 かつて車の無い社会であった昔、人々はみな歩いたのですが、彼らは自然の変化を隅々まで知り、驚き、感動し、感性豊かに文化を形作ってきたのでしょう。昔の絵や俳句、工芸品にそれらの一端を垣間見ることができます。
 それを思うと現在の車社会は、人々から歩くことを奪い、自然から得る知恵や感動から遠ざけ、ついには自然と調和して生きるべき道を見失ってしまうのではと思わずにはいられません。文化とは人の生き方そのものですから。

f:id:photolifenet:20191016203448j:plain
 今日の写真は、自宅周辺で見かけたベニマシコですが、私はこの美しい鳥がこんなに身近にいることをつい最近まで知りませんでした。まさに歩くことによって発見できた種類なのです。もし歩いていなければ生涯私は自宅周辺でベニマシコを見ることはなかったでしょう。それどころかベニマシコという鳥を知ることもなかったと思います。
 不思議なもので、一度発見すると次からは何度も容易に出会えるようになります。こうなると野鳥との出会いが本当に楽しくなります。
 3枚目は散歩コースの一部である根尾川の、川原の灌木で見かけたエナガですが、彼らが山の林の中でない、こういった開けた場所にいることも歩いて知ったことです。

f:id:photolifenet:20191016203355j:plain

 使用機材のカメラはSony Cyber-shot RX10 Ⅳ 。大きな写真の撮影データは焦点距200.7mm、35ミリ版換算547mm、ISO 500、F 4.5、1/1,000sでした。また、大きな写真はクリックして更に大きく見ることが出来ます。

日本 寒い朝のアオジ

f:id:photolifenet:20191015204922j:plain
 岐阜市近郊にある自宅は、平野部から山間部に入る入り口にあたる位置あることから、四季を通じて様々な野鳥を見ることができます。
 例えば平野部では見られないヤマドリやヤマガラをここで見ることができ、また山間部では見られないムクドリなどもここで見ることができるのです。
 それらの多くの種類の鳥を、最も多くみられる時期は冬ですから、自宅周辺の運動不足解消と探鳥を兼ねた散歩に出かける頻度が多くなり、厳冬期には大抵朝と昼頃の2度歩くことになります。

f:id:photolifenet:20191015204943j:plain
 厳冬期の朝の気温は零下3度を下回ることもあり、何もかも凍ることが珍しくありません。そんな時は、野鳥たちはこの寒さをどうしのいでいるのかと心配になります。
 我々は暖房で部屋を暖め、厚着をして暖かい布団にくるまるわけですが、野鳥たちに暖かい家はなく、おまけに着の身着のままで過ごさなくてはなりません。こういった寒い日のことを思うと、冬の無い南国の鳥たちは幸せだなと思わずにはいられません。

f:id:photolifenet:20191015204958j:plain
 今日の写真は、自宅周辺の厳冬の朝の散歩の際に見かけた、この辺りで冬によく見られるアオジで、霜の下りた零下の朝の姿です。
 彼らは霜や氷のついた冷たい枝や地面でも、特に気にする様子もなく停まったり歩いたりしていますから、野生の適応力は本当にすごいなと感心します。
 3枚目は同じ日の霜の写真で、厳しい寒さの象徴ですが、その中に美しさも感じさせます。

f:id:photolifenet:20191015204900j:plain
 使用機材のカメラはSony Cyber-shot RX10 Ⅳ 。大きな写真の撮影データは焦点距220mm、35ミリ版換算600mm、ISO 500、F 4.0、1/250sでした。また、大きな写真はクリックして更に大きく見ることが出来ます。

コスタリカ 街路樹の Hoffmann's Woodpecker (ホフマンズ ウッドペッカー)

f:id:photolifenet:20191014210522j:plain
 中米のコスタリカに滞在していた時に、自宅は首都のサンホセの中心街から少し離れた住宅地にありました。市の中心部から歩いて大体20分ほどの距離でした。
 サンホセの中心部市街地や、郊外の衛星都市とを結ぶ様な幹線道路は渋滞が激しく、朝晩は決して運転したくないような込み具合になります。
 しかし幸い自宅前の道路はそういった込み合う幹線道路から外れており、大雨が降って渋滞が広がらない限り大抵は穏やかな交通量です。

f:id:photolifenet:20191014210539j:plain
 その道路に並木として落葉樹が植えられているのですが、その中の何本かは枯れ始めているものがあり、時々水けを失った枝が歩道に落ちていたりします。枝が上から落ちてくるのですから、歩行者に危ないかもしれませんが、しかし枯れていて軽いことから深刻な怪我に至らないと思います。
 その枯れ木の中の1本は、自宅を出たすぐ目の前にあったのですが、その木に Hoffmann's Woodpecker (ホフマンズ ウッドペッカー)が巣を作って子育てをしていました。
 このキツツキに似た種類はベリーズにいるのですが、大きさや模様が同じでも色が少し違います。ベリーズのは、コスタリカの後頭部やおなかの下部の明るい黄色の部分が赤色になっている色違いです。

f:id:photolifenet:20191014210555j:plain
 コスタリカベリーズは同じ中米で、それほど距離が離れているわけではないのですが、なぜか色違いの鳥を多く見かけます。これって何となく不思議な気がするのですが。
 今日の写真はホフマンズ ウッドペッカーのメスで、子育て中なのでしょう、何度もこうして餌を巣穴に運んでいました。
 彼らは人間をそれほど警戒しませんから、巣穴のすぐ近くまで寄って写真を撮ることができました。それにしても歩道の街路樹の手を伸ばせば届くような場所に巣を作るのですから、よほど人間を信頼しているのですね。

f:id:photolifenet:20191014210500j:plain
 使用機材のカメラは Sony α100、レンズは Minolta AF35-105 F3.5-4.5。大きな写真の撮影データは、焦点距離90mm、35ミリ版換算135mm、ISO 100、F6.3、1/250sでした。また、大きな写真はクリックして更に大きく見ることが出来ます。

コスタリカ サベグレ谷の野鳥たち

f:id:photolifenet:20191013222200j:plain
 中米のコスタリカの地形は南北に細長く、東をカリブ海、西に太平洋と二つの海に挟まれています。その細長い国土の中央には3000mを超える山脈が走っており、この屏風のようにそびえる壁がこの国の気候を特徴づけています。
 貿易風によって運ばれたカリブ海の湿った空気が山脈にぶつかって上昇し、冷やされて霧となり山の緑を潤します。ですからそのあたりのジャングルを熱帯雨林とは言わず、熱帯雲霧林と呼ぶのです。

f:id:photolifenet:20191013222216j:plain
 このような地形と気候が動植物の多様性を生み、コスタリカには国土面積に似つかわしくないほどの多種類の植物と動物が生息しており、ここは世界でも稀にみる動植物の宝庫となっているのです。
 今日の写真は、首都サンホセから車で1時間半ほどの距離にあるサベグレ谷を訪れた際に出会った鳥たちで、この国の樹木が茂る郊外で見られるごく一般的な種類です。
 このサベグレ谷は、手塚治虫のアニメに登場する火の鳥のモデルとなったケツアールを見られる場所として世界的に有名で、谷沿いにたくさんの観光ホテルがあります。

f:id:photolifenet:20191013222232j:plain
 そのホテルのどれもがエコツーとして有名なこの国の意向に沿ったもので、自然に調和した造りになっています。
 我々が泊まったホテルの敷地は広く、またあちこちに野鳥の餌代が設けてあり、そのためかホテル内でもたくさんの野鳥に出会えるのです。
 今日の3羽はそのホテルの敷地内で撮った鳥たちで、1枚目の鳥はオレンジ色の帽子がかわいいですね。2枚目のハチドリは冷たい雨の中で縄張りを見張っていました。ハチドリは意外にも縄張り意識がものすごく強いのです。

f:id:photolifenet:20191013222122j:plain
 使用機材のカメラは Sony α550、レンズは Minolta AF100-300 F3.5-5.6 Apo。大きな写真の撮影データは、焦点距離230mm、35ミリ版換算345mm、ISO 800、F10.0、1/15sでした。また、大きな写真はクリックして更に大きく見ることが出来ます。

日本 背景はコスモス

f:id:photolifenet:20191012170639j:plain
 岐阜市近郊にある自宅から、現在勤めている職場まで車で約25分の通勤ですが、その間にコスモス畑があります。
 11日現在コスモスはきれいに咲いており、12日の土曜日の今日、今季初のコスモス撮影に行く予定でしたが、あいにく台風19号の襲来で実現できませんでした。幸いこの後、職場は14,15日は連休となりますから撮影はこの日に当てようと考えています。でも肝心のコスモス畑が風の影響を受けなければいいのですが。

f:id:photolifenet:20191012170658j:plain
 それにしても先の台風15号で大変な被害を受けた関東地方を、間を置かずまた台風が直撃しそうですが、同地方の皆さんのご無事を祈るばかりです。今現在テレビを見ていると既に被害が出ていますが、この自然現象、神も仏もないですね。
 今日の写真は以前のもので、場所は自宅近くの田んぼの中にあるコスモス畑で、花は密集はしていないのですが、近くに民家や道路がないことから他人に気兼ねなく撮れるのが良い点です。
 コスモスは花そのものが綺麗ですから、どう撮ろうときれいに写ります。その点については心配いらないため、あとはいかに良い構図に決めるかだと思います。

f:id:photolifenet:20191012170716j:plain
 その視点で見ると、今日の人物と花の写真はいかにも平凡で、もう少し工夫がほしいところでした。今年チャンスがあるならこの点に気を付けたいと思っています。
 2枚目の花だけの写真については、曇り空だったのが残念な点です。
 3枚目はズームレンズで撮った近接撮影ですが、このレンズなかなかの性能で満足しています。
 それにしてもコスモス、きれいな花ですね。

f:id:photolifenet:20191012170605j:plain
 使用機材のカメラは Sony α7Ⅱ、レンズは TAMRON SP AF 24-135mm F3.5-5.6 190D。大きな写真の撮影データは、焦点距離70mm、35ミリ版換算70mm、ISO 500、F8.0、1/500sでした。また、大きな写真はクリックして更に大きく見ることが出来ます。
 
 

日本 文殊の森公園のカケスと木の実

f:id:photolifenet:20191011222252j:plain
 岐阜市近郊にある自宅から、車で10分ほどの距離にある文殊の森公園は、いくつかの山を公園化し、山全体に縦横無尽に散策を整備し、四季を通じて山歩きが楽しめるようになっています。
 最近は酷暑の夏が終わったことから、以前に比べて頻繁にこの公園を訪れるようになり、その際は大抵、標高344mの山口城跡まで登るようにしています。

f:id:photolifenet:20191011222316j:plain
 城跡といっても建物跡は何もなく、現在はまばらに木が茂る直径50mほどの平地でしかありませんが、ここに城(砦)が築かれたのが西暦1200年頃ということですから、建物に関する何かが残っているはずがありません。でも基礎石ぐらいはもしかすると見つかるかもしれませんが。
 それにしても毎日のようにこの城山に登るのは大変だったろうと想像します。当時は今ほど道も良くなかったでしょうから尚更です。
 さて今日の写真は、いつものように山口城に登り、その下山途中に出会ったカケスです。

f:id:photolifenet:20191011222333j:plain
 登っている時からカケスの鳴き声を何度も聞いてはいたのですが、なかなか姿を見つけることができず残念だったのですが、この時はたまたま我々の歩く散策道の進行方向へ、枝から枝へ飛び移っていたため、彼の後を追い、やっと得られた少ない撮影チャンスを生かしました。葉の多い時期の撮影は邪魔が多く本当に大変です。
 2枚目、3枚目の写真は、今回の山歩きで見かけた実で、両方とも熱帯地方の国で見かけたものとよく似ています。いずれも赤色が鮮やかで、これはやはり木の実を食べてもらうために鳥たちを誘うための仕組みなのでしょうか。

f:id:photolifenet:20191011222231j:plain
 使用機材のカメラはSony Cyber-shot RX10 Ⅳ 。大きな写真の撮影データは焦点距220mm、35ミリ版換算600mm、ISO 1,600、F 4.0、1/250sでした。また、大きな写真はクリックして更に大きく見ることが出来ます。
 

日本 自宅近くの不明な野鳥

f:id:photolifenet:20191010195344j:plain
 岐阜市近郊にある自宅の周辺を、この春から勤めに出る前は毎日散歩していたのですが、今はその暇がなく、週末にしか時間が取れません。しかしその週末も何やかんやと様々な用事で潰れていることから、1か月に一度散歩に出られればましといった状況です。
 そんな折、先週5日の土曜日に久しぶりにいつもの散歩コースを歩いていたところ、麦や野菜を作っている畑で、これまで見たことのない鳥に出会いました。

f:id:photolifenet:20191010195403j:plain
 その鳥は麦や野菜を作っている集落に近い農地で、発見時は地面に降りていましたが、私に気づくと飛び上がって獣害ネットの上に停まり、こちらの様子を見ているのか、それ以上遠くに逃げていきません。
 まだ彼らまで遠かったのですが、更に遠くに逃げられる前にとりあえずその位置で撮影し、確実に種類を特定できる程度に姿を記録しました。 

f:id:photolifenet:20191010195419j:plain
 そこから更に大きく撮ろうと近づくと、飛び立ちますが遠くまで飛び去らなかったことから、きっとそこにはおいしい餌があり、未練があったのでしょう。
 そうやって最も大きく撮れたのが今日の写真ですが、1枚目がオスで3枚目がメスでしょうか。2枚目は両方が画面に納まっています。

f:id:photolifenet:20191010195434j:plain
 自宅に帰って早速この鳥を手持ちの図鑑で探しましたが、該当する鳥が見つかりません。多少なりとも似ていればと何度見ても見当たらないのです。この鳥をご存知の方がいたら教えてください。
 4枚目は時期は違いますが、今日の写真の鳥を見た農地で、右が麦畑、左の金属板やネットに囲まれているのが野菜畑で、彼らを見つけたのは左の青いネットのある畑でした。

f:id:photolifenet:20191010195323j:plain
 使用機材のカメラはSony Cyber-shot RX10 Ⅳ 。大きな写真の撮影データは焦点距14.2mm、35ミリ版換算39mm、ISO 400、F 4.0、1/800sでした。また、大きな写真はクリックして更に大きく見ることが出来ます。