写真生活 on Line

カメラと写真を楽しむ豊かな生活、そして鳥が大好き

ベリーズ クルックドツリー野生生物保護区の鳥たち

f:id:photolifenet:20170817220552j:plain

 中米の国ベリーズは国土の大半が平で、その平野の標高が非常に低いことから湿地が多く存在します。ところがベリーズの経済力ではその湿地の開発は難しくいため手が付けられず、よっていまでも多くの自然が残されています。

f:id:photolifenet:20170817220614j:plain

 その中で代表的な湿地である、この国最大の都市のベリーズシティから、車で1時間ほどの所にあるクルックドツリー村周辺が、野生生物保護区に指定されています。そこには広い川のような形状の大きな湖があり、そこの雨期と乾期の水位の差が大きく、乾期の低水位のシーズンには餌を求めて周辺から多くの野鳥が集まります。
 その鳥たちのお目当ては、水位が下がったことで密度が上がり、簡単に捕ることができる魚です。最盛期には何万羽と群れて魚を捕る様を見られるのですが、その景色は圧巻です。この時期には遠く海外からも観光客が集まり、この野生の一大イベントを楽しみます。

f:id:photolifenet:20170817220627j:plain

 ただ、湖の魚たちは水の具合によって移動しますから、それを追って鳥たちも移動し、簡単にアプローチできるクルックドツリー村の湖畔からその様子を見られる期間は限られています。鳥たちが遠くに移動している場合は、村にいるガイドが用意するボートツアーがありますから、これを利用すれば素晴らしい景観に出会うことができます。
 今日の写真は、シーズン最盛期を少し過ぎた頃の3枚で、大きな写真は Wood Stork が群れでたたずんでいる場面です。彼らはほとんど動かずこうしてじっとしている時があるのですが、その様は童話の世界の出来事のように見えます。
 2枚目の小さな写真は、シラサギが群れて採餌していますが、水面が静かなため鏡のようになり、これも現実離れした一場面のように見えます。
 3枚目は中州で一休みしているウですが、その数たるやよくこれだけ集まったものと感心するほどで、それは同時にこの湖の自然の豊かさを表しているのだと実感します。

f:id:photolifenet:20170817220645g:plain

 使用機材のカメラはSony α77Ⅱに、レンズは Sony 70-300 SSM G 。大きな写真の撮影データは、焦点距離100mm、35ミリ版換算450mm、ISO 400、F9.0、1/2,000sでした。また、大きな写真はクリックして更に大きく見ることが出来ます。

隣地の栗畑のイカル

f:id:photolifenet:20170816213842j:plain

 岐阜市近郊にある自宅周りは、田畑や低い山に囲まれ、狭い平野の中央には根尾川流れる自然豊かな土地です。お天気の良い日は全長2.5㎞程のコースを、一眼レフカメラに望遠レンズをつけて散歩するのですが、夏になってコースで見かける野鳥が減ったことと、毎日がぐずついたお天気で、最近は全く出かけていません。

f:id:photolifenet:20170816213855j:plain

 それにしてもこのところのお天気、よくもここまですっきりしない、じめじめとした湿度の高い日が続くものと感心します。
 さて今日の写真は、こうしたじめじめしたお天気になる前の7月7日、自宅隣の栗畑に現れたイカルです。これまでこんなところで彼らを見かけたことはなく、自宅の窓から見えたときはわが目を疑いました。
 これまでイカルは遠いところから眺める鳥だったのですが、これを機に急に身近な鳥になってしまいましたが、なぜかあれ以降この場所には現れていません。
 写真は彼らが見えるガラス窓を少し開けて、カメラを持つ手を柱に着けて撮ったのですが、今一つ先鋭に撮れていません。これを撮影した時間は夕方の5時過ぎで、イカルがいた場所はすでに家の陰になり、おまけに繁った栗の葉の下でしたから相当暗かったのですが、それにしてももう少しピントがしっかりしていたもいいような気がするのですが。この時10枚ほど撮影したのですが、見られる写真は半分ほどしかありませんでした。
 このカメラには、暗い場所でのピントの正確さをもう少し何とかしてほしいものです。

f:id:photolifenet:20170816213915j:plain

 使用機材のカメラはSony α77Ⅱに、レンズは Sony 70-300 SSM G 。大きな写真の撮影データは、焦点距離100mm、35ミリ版換算450mm、ISO 2,500、F5.6、1/500sでした。また、大きな写真はクリックして更に大きく見ることが出来ます。

一眼レフとコンパクトカメラの画質の比較

f:id:photolifenet:20170815223224j:plain

 フジフィルムから、私が思うエポックメイキングなデジタルカメラ F4500 が発売されてから今年で17年目ですが、この間に技術の進歩は目覚ましく、今ではフィルムカメラをはるかに超えた写真のクオリティを実現しています。
 この進歩はどこまで続くのかとても興味のあるところですが、私としてはもう十分な領域に達していると思う反面、これまで難しいとされてきた、例えば野鳥撮影の写真がさらに大きく鮮明に撮れることを願ってもいます。

f:id:photolifenet:20170815223244j:plain

 さて今日の写真ですが、今となっては既に古いカメラである一眼レフとコンパクトカメラの画質の比較です。
 この一眼レフは入門機ということからなのか、いつもピントが甘く鮮明な写真が撮れることは稀で、それがカメラマンの腕に起因するのか、それとも安さからくるカメラの機械の出来が原因なのか、今でも分かりかねています。例えばこのカメラで撮った10枚の写真で、撮影条件にもよりますが、ピントがぴったりと合ったものは精々平均2枚程度です。
 一方もう一台のニコンのコンパクトカメラで撮る写真は、一眼レフ並みに素晴らしく鮮明という写真はないのですが、しかしどれもそこそこピントは合っており、特に不満のないカメラに仕上がっています。
 この2台のを、ある晴れた日に岐阜市にある畜産センターで撮り比べてみました。
 大きな写真が一眼レフで撮ったもので、この日に撮った中で最もピントがしっかり合っているものを選んでいます。このブログ上で比べるのであれば、コンパクトカメラで撮った写真も大きく掲載すべきですが、紙面の容量制限の関係で小さな写真になっています。

f:id:photolifenet:20170815223308j:plain

 この2枚を比べた私の感想ですが、一眼レフカメラに少々不出来な点があろうと、コンパクトカメラがどんなに高性能であっても、比べるとやはりセンサーサイズの違いを感じざるを得ません。
 細かい部分の優劣を指摘することはできるのですが、それ以前に写真全体のクオリティというのか、言葉にするのは難しいのですが、画質のつやの違いを感じます。やっぱり腐っても、或いはさすがに一眼レフといったところでしょうか。

f:id:photolifenet:20170815223347j:plain

 使用機材のカメラは Canon EOS Kiss X2 に、レンズは Sigma 18-125 f/3.8-5.6 DC OS HSM。大きな写真の撮影データは、焦点距離41mm、35ミリ版換算73mm、ISO 200、F7.1、1/100sでした。また、大きな写真はクリックして更に大きく見ることが出来ます。 

ベリーズの国鳥 Keel-billed Toucan (キールビルド トゥカン) 

f:id:photolifenet:20170814234715j:plain

 中米の国ベリーズは、熱帯地方に位置する常夏の国ですから、日本では全くなじみのない植物が育ち、生き物が生息しています。
 その珍しい生き物の代表格が、今日の写真のオオハシの仲間の Keel-billed Toucan (キールビルド トゥカン)で、ベリーズの国鳥に指定されています。
 この鳥、さすがに都市部では見かけることはありませんが、郊外に出ると少なからず出会うことができる種類で、この国に来て最初に見かけたときのその形の異様さと美しさに感激しました。こんなに変わった鳥が人間の生活圏の中で生きているのですから、この国の自然の豊かさに驚きます。

f:id:photolifenet:20170814234727j:plain

 写真はこの国唯一の動物園で撮ったもので、既に人に飼われて時間が経っているせいか、とても人となつこくなっており、我々が近づくとすぐそばに寄ってきますから、そのユーモラスな姿やしぐさも相まって、とてもかわいらしく思えます。
 ところがその美しさや人懐こさが仇となって、この鳥が大変不幸になっている現実があります。それはこの鳥を狙った密漁で、ペットにするため生きたまま捕まえられるのはもちろん、多くがはく製にするために殺されているのです。この鳥は国を代表する国鳥であるとともに、現実世界の悲しい人間の残念な一面を表す代表的な鳥でもあるのです。

f:id:photolifenet:20170814234750j:plain

 使用機材のカメラは CANON IXY DIGITAL 700。大きな写真の撮影データは、焦点距離7.7mm、35ミリ版換算39mm、ISO ?、F2.8、1/200sでした。また、大きな写真はクリックして更に大きく見ることが出来ます。

ベリーズ ポウイの咲く頃

f:id:photolifenet:20170813215808j:plain

 中米の国ベリーズは、熱帯地方に位置することから一年中常夏の気候で、日本のような四季はありませんが、雨の多い雨季と、降らなくなる乾季があります。
 ブーゲンビリアやハイビスカスのように一年中花が咲いている種類がある一方で、この雨季と乾季に影響されるのか、一年のある時期だけに咲く花もあります。

f:id:photolifenet:20170813215821j:plain

 その代表が今日の小さな写真にあるポウイで、まるで日本の桜のように3月から4月にかけてピンク色の花をつけ、その姿が遠くから見るとよく似ていることから中米の桜とも言われています。
 このポウイが時期を同じにして国中で一斉に咲きますから、その花に誘われて様々な野鳥たちがこのポウイの樹を訪れます。あるものは花の蜜を、あるものは花に来た虫を、そしてあるものは花びらを狙ってやってくるのです。
 そんなポウイが咲く時期はいつもより野鳥を多く見ることができますから、バードウオッチングのハイシーズンと言えるのです。

f:id:photolifenet:20170813215835j:plain

 今日の写真はそんな時期に、この国最大の都市ベリーズシティの住宅地にある自宅周辺を散歩した際に、散歩コースの折り返し地点の川の近くで見かけた鳥たちで、頭の赤色と背中の縞模様がきれいなキツツキはアーモンドの樹に、緑色の体に翼の青色が映えるインコはマングローブの樹にいました。両方ともポウイの樹の近くです。
 都市の中でもこれらの野鳥たちを日常的に見ることができるのですから、ベリーズの自然は本当に素晴らしいですね。

f:id:photolifenet:20170813215752j:plain

 使用機材のカメラはSony α55に、レンズは Minolta AF100-300 Apo。大きな写真の撮影データは、焦点距離300mm、35ミリ版換算450mm、ISO 800、F6.3、1/640sでした。また、大きな写真はクリックして更に大きく見ることが出来ます。 

ベリーズ 背景はブーゲンビリアの垣根

f:id:photolifenet:20170812224040j:plain 

 中米の国ベリーズは、熱帯地方に位置していることから、植生はもちろんトロピカル名ものばかりで、一年中どこかで花が咲いています。
 街中で最も目立つのが今日の写真のブーゲンビリア、色の付いている部分は花ではありませんが、見た目はこれが花に見え、それが各色あり、それらが葉の緑に映えとても鮮やかです。私のイメージとしては、トロピカルな花と言えばブーゲンビリアが真っ先に浮かびます。


f:id:photolifenet:20170812224053j:plain

 この国最大の都市ベリーズシティ市内の高級住宅街の一角に、この国で最も高級なスーパーマーケットがあり、その駐車場の一方の垣根にブーゲンビリアが植えられています。
 ブーゲンビリアはご存知の通り、バラとは比べ物にならないほどの非常に鋭いとげを持っていることから、防犯の意味も込めて垣根に使われることの多い庭木で、このスーパーの駐車場から隣の民家へ忍び込もうとする者を退けるには完ぺきな防犯柵になりえます。その威力は有刺鉄線をはるかにしのぎ、この美しい柵を乗り越えようとするものなら、間違いなく体をズタズタにされ、途中で身動きできなくなり、悲鳴を上げること請け合いです。
 一方で先にも記したとおり、ブーゲンビリアはトロピカルな雰囲気で見栄えが良いことから、これが庭に咲いていると住宅がより高級に見え、多分隣地の住宅のオーナーの垣根に対する満足度は高いと思われます。今日のこの写真からもそれをご想像いただけるでしょうか。
 ところがブーゲンビリアの垣根は良いことばかりでなく、一つ大きな問題があります。それは手入れが恐ろしく大変なのです。


f:id:photolifenet:20170812224108j:plain

 ブーゲンビリアは育ちがものすごく良く、新しい枝が四方八方に伸び、また弦(つる)の性質があることからあちこちに絡み、少しでも放っておくと手が付けられなくなります。おまけに枝には無数の鋭いとげがあることから手が付けられず、庭木用のはハサミなどでは太刀打ちできなくなります。このようなことから、現地の人に言わせると、ブーゲンビリアはものすごくワイルドな木なのです。
 美しい花にはとげがある、はまさにこの木のことを言っているのだと思います。
 今日の写真は、そのスーパーマーケット駐車場の、美しいブーゲンビリアを背景にしました。


f:id:photolifenet:20170812224129j:plain

 使用機材のカメラは FUJIFILM FinePix F200 EXR。大きな写真の撮影データは、焦点距離7.3mm、35ミリ版換算33mm、ISO 200、F10.0、1/180sでした。また、大きな写真はクリックして更に大きく見ることが出来ます。
 それにしてもこのカメラ、素晴らしい描写力に驚くばかりです。このブログに載せる容量制限のため、写真の画質を大きく落としており、オリジナルに近いものをお届けできないのは残念です。

 

ベリーズ ホテルを訪れた Violaceous Trogon (バイオラセオウス トロゴン)

f:id:photolifenet:20170811203909j:plain

 中米ベリーズには、大きく分けて3つの代表的な観光資源があり、それらはカリブ海の美しいサンゴ礁の海、古代の歴史を物語るマヤの遺跡、そして熱帯の豊かな自然を満喫できるエコツーリズムです。
 ベリーズは国全体の標高が低いため湿原が多く、それに伴う野生動物が豊富なのですが、一方で、国土の1/3ほどの山地にも多くの動物が生息しており、湿原とはまた違った魅力的な野生に出会うことができます。

f:id:photolifenet:20170811203928j:plain

 そのジャングルの自然体験とバードウオッチングを目的とする観光客用に、緑濃いジャングルにはたくさんのホテルが用意され、欧米人にとっては非日常的な経験ができる施設となっています。
 これらの大抵のホテル周辺は滝のある川が流れていたり、うっそうとした熱帯雨林となっており、ホテル施設内にいながらにして、ホテルが用意した餌台を訪れる様々な野鳥たちを見ることができます。
 また、ホテル敷地内には実のなる木も植えられていることから、これらを目的に訪れる鳥たちも少なくありませんから、もしかしたらジャングルを鳥を探して歩き回るより、ホテルのテラスで彼らの来訪を待った方が沢山の野鳥を見ることができるかもしれません。
 今日の写真は、ホテル敷地内に植わっている樹の、その白い実を食べに来た Violaceous Trogon (バイオラセオウス トロゴン)で、首から肩、胸にかけての青色、おなかの黄色、そして背中の光る緑色がとても美しい鳥です。他のトロゴンとは、目の周りに黄色のリングがあることからすぐに見分けることができます。
 この鳥を見ていると、熱帯地方にはなぜこんなにきれいな種類がいるのだろうと考えずにはいられません。

f:id:photolifenet:20170811203948j:plain

 使用機材のカメラはSony α55に、レンズは Minolta AF100-300 Apo。大きな写真の撮影データは、焦点距離300mm、35ミリ版換算450mm、ISO 800、F7.1、1/800sでした。また、大きな写真はクリックして更に大きく見ることが出来ます。