写真生活 on Line

カメラと写真を楽しむ豊かな生活、そして鳥が大好き

ベリーズ アルツンハ公園の Goldenn-fronted Woodpecker(ゴールデンフロンテッド ウッドペッカー)

f:id:photolifenet:20190616223820j:plain
 中米の国ベリーズの最大の都市であるベリーズシティから、車で北西に1時間ほどの距離に、この国で都市に最も近いマヤ遺跡のアルツンハがあります。
 アルツンハはいくつかのピラミッドを中心とした遺跡群で、その内の3つのピラミッドがきれいに修復されており、いつでも頂上まで登ることができます。古代人が造ったピラミッドの石に触りながら登り、おまけに足腰を鍛えるにはうってつけの観光地です。

f:id:photolifenet:20190616223846j:plain
 遺跡訪問はそんな楽しみがありますが、もう一つ忘れてならないのは、遺跡公園がジャングルに囲まれた場所にあることから、様々な野生に出会えることです。
 日本には分布しない変わった植物や、これまで見たこともない野鳥に逢えるのですから、自然好きの人にはたまらない場所のはずです。
 今日の写真はアルツンハ遺跡公園の中で撮った野鳥と植物で、1,2枚目が、この国で最も一般的なキツツキの Goldenn-fronted Woodpecker(ゴールデンフロンテッド ウッドペッカー)です。

f:id:photolifenet:20190616223901j:plain
 彼らは生木ではなく、枯れ始めた自然の木や、道路端の木製の電柱に穴を掘って営巣します。写真の巣はヤシ科の木ですが、上の方で幹が折れ、枯れ始めています。
 手前の頭の赤い部分が多いのがオスで、向こうがメスです。鮮やかな赤色や、背中の縞模様がきれいですね。
 3枚目の写真は、熱帯に多く見られるフランボイヤ、日本名火炎樹です。その名の通り燃えるような赤色の花をつけ長い間咲き続けますから、その間楽しめます。ケニアのキスムという街にはこの火炎樹の並木道があり、満開の時はそれはそれは見事でした。
 キツツキの頭の赤と火炎樹の赤。熱帯は原色がきれいですね。

f:id:photolifenet:20190616223756j:plain
 使用機材のカメラは Sony α55、レンズは Minolta AF100-300 F3.5-4.5 Apo。大きな写真の撮影データは、焦点距離300mm、35ミリ版換算450mm、ISO 800、F8.0、1/1,000sでした。一枚目の写真はクリックして更に大きく見ることができます。  

ベリーズ 川岸の Black-throated Green Warbler(ブラックスローテッド グリーン ワーブラー)

f:id:photolifenet:20190615100305j:plain
 中米の国ベリーズの最大の都市であるベリーズシティから、西に車で30分ほど走ると、この国最大の河川ベリーズ川を渡る橋に着きます。
 ベリーズ川の両岸は、うっそうとした密林で、長年人の手が入っていないよう見えます。それは多分、雨期には増水して水に浸かるし、乾期になって川の水の水位が下がっても、土地はぬかるんだ湿地に様な状態になっていることから、人は容易に入っていけないからだと思います。

f:id:photolifenet:20190615100332j:plain
 そんな川の両岸の様子を眺めることができるのは水上の船か、川を横切る橋の上からしかありません。
 ベリーズでは野鳥の種類や数が多く、どこでもよく見られるのですが、やはり樹木がより多いジャングル然とした場所でその機会は多いように思います。それに他では出会わないような珍しい種類にも逢うことができます。

f:id:photolifenet:20190615100348j:plain
 今日の写真は、ベリーズ川を横切る橋のたもとで撮ったもので、1、2枚目が Black-throated Green Warbler(ブラックスローテッド グリーン ワーブラー)です。この鳥、普段では見かけない種類です。
 3枚目が、橋近くの道路の電線に停まっていた、全長が41㎝にもなるこの国最大のカワセミで、その大きさは日本のカラスを思わせるほどです。

f:id:photolifenet:20190615100404j:plain
 そして4枚目は、ベリーズ川の岸の、橋の近くにある大きな樹の上で休むグリーンイグアナのオスで、このトカゲはベリーズ全土で見ることができるのですが、この大きな樹の上では何十匹というイグアナたちが群れているのです。
 全長が2mを超すような大型のトカゲが群れている様は一見の価値があるのですが、残念ながら多くの観光客はこれに気づかずに通り過ぎてしまいます。何とももったいないですね。

f:id:photolifenet:20190615100242j:plain
 使用機材のカメラは Sony α77Ⅱ、レンズは Sony 70-300mm F4.5-5.6 G SSM。大きな写真の撮影データは、焦点距離300mm、35ミリ版換算450mm、ISO 800、F5.6、1/250sでした。一枚目の写真はクリックして更に大きく見ることができます。
 

日本 背景は春日神社の大杉

f:id:photolifenet:20190612195515j:plain
 岐阜市近郊にある自宅前の道路は国道157号線で、北に進めば根尾に行き着きます。そのまま更に行けば福井県境の温見峠になるのですが、現在能郷地区から先は道路修復工事のため通行止めとなっています。
 根尾は本巣市になるのですが、その面積は非常に広くほとんどが山間部となっており、かつては山林を利用して多くの炭を生産していいたのですが、今は完全にすたれています。

f:id:photolifenet:20190612195532j:plain
 多くの木を切って炭を生産することと、それが生み出す環境への影響との関係を知りませんし、かつては多くの杉や檜を切って材木として出していたのが、今では全く行われていないことも、昔と大きく変わったことの一つです。
 根尾に限らず、日本各地の山林の杉や檜は切られないままに、現在どんどん大きくなっているのでしょうね。これがいいのか悪いのか。どちらにしても日本の山はどこも植林だらけで、風景や環境に面白みがないように思います。

f:id:photolifenet:20190612195550j:plain
 大きな樹と言えば、根尾にはあちこちにたくさんの巨木があります。
 今日の写真はその一つの、神所地区にある春日神社境内の杉で、目の高さで直径が2mはあるのではと思います。
 この杉には市の天然記念物となっている藤の木が竜のように巻き付いており、むしろこちらが有名です。2枚目3枚目の写真で藤の蔓がお判りでしょうか。
 根尾には巨木がたくさんありますので、興味のある方は一度訪れてみてください。

f:id:photolifenet:20190612195453j:plain
 使用機材のカメラは Canon Power-shot S95。大きな写真の撮影データは、焦点距離7.5mm、35ミリ版換算 37mm、ISO 200、F4.0、1/160sでした。また、大きな写真はクリックして更に大きく見ることが出来ます。
 

コスタリカ パルケ・デル・エステ(東公園)にて

f:id:photolifenet:20190610192406j:plain
 中米コスタリカの首都サンホセの市街地から、車で30分ほどの東に大きな緑地公園であるパルケ・デル・エステ(東公園)があります。ここは自然のジャングルの中に遊歩道を整備した部分と、天に向かって伸びるポロの巨木の森、そしてサッカーコートがいくつも取れそうな広々とした芝生広場から成っています。

f:id:photolifenet:20190610192424j:plain
 遊歩道のあるジャングルは濃い緑に覆われてうっそうとしており、道を外れては一歩も進めないほどに地面からびっしりと樹木が茂っています。
 上を仰げば遊歩道の切り開かれた部分のみが明るく開けており、そのほかは枝葉に覆われ、空はその隙間から見える程度で、そこから小鳥のさえずりが聞こえても、その姿を見つけることは容易ではありません。

f:id:photolifenet:20190610192441j:plain
 遊歩道の両側は熱帯の植物が繁茂していますから、それらが日本では植物園か観葉植物でしかお目にかかれない原色の花をつけており、それらが見慣れない私たちにはとても興味深く映ります。日本で大事にされる観葉植物が、ここでは野生でいくらでも生えているのですから。

f:id:photolifenet:20190610192506j:plain
 またそんな植物と共に、これまで見たこともないバッタやチョウがいますから、たとえ野鳥が撮れなくともがっかりすることはありません。運が良いければ全身が金色に輝くコガネムシに出会うこともできます。
 今日の写真はそんな東公園で撮ったもので、その雰囲気を少しでも味わっていただければと思います。

f:id:photolifenet:20190610192339j:plain
 使用機材のカメラは Sony α700、レンズは Minolta AF24-105 F3.5-4.5。大きな写真の撮影データは、焦点距離35mm、35ミリ版換算52mm、ISO 200、F4.5、1/80sでした。一枚目の写真はクリックして更に大きく見ることができます。
 

ベリーズ 人を怖がらない Vermilion Flycatcher(バーミリオン フライキャッチャー)

f:id:photolifenet:20190609214349j:plain
 中米のベリーズは熱帯地方に位置していますから、日本では見られない種類の野鳥が多く生息しています。
 今日の写真の鳥は Vermilion Flycatcher(バーミリオン フライキャッチャー)で、ベリーズ全土で見られるごく一般的な種類です。

f:id:photolifenet:20190609214408j:plain
 この鳥は他のベリーズに住む鳥と同じく、あまり人を怖がらないのですが、その中でも特に人に対する警戒心が低いのには驚くばかりです。
 彼らが巣作りをする場所は、人が行き来する道端の塀の杭や庭木などで、それも常に、大人であれば手が届く高さなのです。ある時など、ホテルの入り口横に置いてある、人の背の高さほどもない鉢植えの木の中にあるのを見かけたときには本当に驚きました。

f:id:photolifenet:20190609214422j:plain
 なぜ彼らはそこまで人を警戒しないのか、いやむしろ、どうしてそこまで人を信頼できるのか、本当に不思議に思います。
 このフライキャッチャーのメスは1枚目の写真の通り、特に目立つ体色ではありませんが、オスは2枚目の写真の通り、世界中の野鳥の中でも最も鮮やかと思われる赤色の羽毛の持ち主で、美しい鳥です。
 3枚目の写真は、フライキャッチャーの巣のあった近くで見かけたバシリスクで、世界で唯一と思われる水の上を走るトカゲです。彼らには色々な体色の個体があり、それは背景に合わせた保護色になっていると思われます。

f:id:photolifenet:20190609214329j:plain
 使用機材のカメラは Sony α57、レンズは Sony DT55-300。大きな写真の撮影データは、焦点距離300mm、35ミリ版換算450mm、ISO 400、F7.1、1/800sでした。また、大きな写真はクリックして更に大きく見ることが出来ます。

日本 散歩道のシメやイカルなど

f:id:photolifenet:20190608220741j:plain
 岐阜市近郊にある自宅は、平野部から山間部に入る境目にあたり、土地の形状は、低い山に挟まれた中央を根尾川が流れ、その両側に農地が広がり、所々に集落があります。

f:id:photolifenet:20190608220757j:plain
 こういった場所は、野生動物の平野部に多く生息する種類と、山間部に生息する種類の両方が見られる場所ではないかと思います。例えば、平野部ではオオルリは見られませんが、山間部でムクドリを見ることは稀です。でも自宅周辺ではこの2勝類が見られるのです。
 今日の写真は、今年1月の初めに自宅周辺で、日課にしている散歩の際に見かけた野鳥たちです。

f:id:photolifenet:20190608220812j:plain
 1枚目、2枚目のシメはこの辺りでよく見かける種類ですが、山間部に入るとその機会は少なくなっていきます。
 3枚目のイカルは自宅周辺に非常に多い種類ですが、山間部を奥に入るほどその数は少なくなるような気がします。
 自宅周辺では冬に大きな群れを作り、その数は優に100羽を越え、農耕地の上空を大群で飛び回ります。

f:id:photolifenet:20190608221021j:plain
 4枚目はアカゲラで、この冬にたくさん見かけました。自宅周辺で数が増えたのではなく、私が彼らを見つけるコツを掴んだことが大きく影響しているのだと思います。それにしても冬の間は毎日のように見かけることができました。
 どこであっても野鳥が多く住む土地は魅力的だと思います。

f:id:photolifenet:20190608220851j:plain

 使用機材のカメラはSony Cyber-shot RX10 Ⅳ 。大きな写真の撮影データは、焦点距離220mm、35ミリ版換算600mm、ISO 400、F 7.1、1/1,000sでした。また、大きな写真はクリックして更に大きく見ることが出来ます。

日本 オールドレンズの旅 Leica Summicron 50mm F2.0 沈胴式 その2

f:id:photolifenet:20190604204015j:plain
 昨日のこのブログ上でご紹介したライカレンズの話題の続きです。
 昨日の写真は谷汲山華厳寺参道の紅葉を、順光で撮影した風景と人物でしたが、今日は場所を少し移動して、山門寄りに上がった所ですが、昨日とは逆に風景、人物共に逆光で撮ったものです。
 逆光は順光での撮影に対して陰影がよりドラマチックに表現され、うまく言えませんが、光に奥行きが出てくるのではないかと思っています。
 また逆光では発色がより鮮やかになり、特に光を通す紅葉などはその傾向が顕著に表れるような気がします。
 勿論順光撮影には順光であるが故の素晴らしい特徴もあるのは勿論ですが。例えば対象を克明に描写するのなら順光が適していると思います。

f:id:photolifenet:20190604204041j:plain
 逆光撮影での注意点はやはりフレアーの発生でしょうか。現代の高度に発達したコーティングが施されているレンズなら特に気にすることはないのですが、ライカがいかに高性能レンズであろうと、初代M型ライカと同時に発売されたこのズミクロンは既に65年以上を経過しています。
 今よりも劣っている当時のコーティングに加え、ガラス表面の経年劣化がありますから、画面に太陽の直射光が入ると派手なフレアーが発生します。
 むろん専門店で可能な限りのメンテナンスを施せば大幅に改善するとは思いますが、現代のレンズを超えるようなことはありません。
 このフレアーさえ注意すれば、ライカ独特の味のある描写を楽しむことができます。
 大きな写真の画面の隅の画像が流れているのがよく分かりますが、これがまた中心部のクリアーさを強調するのに役立っているのかもしれません。でも四隅の画像の流れはレンズの欠点であることに間違いはないのですが。

f:id:photolifenet:20190604204110j:plain
 使用機材のカメラは Sony α7Ⅱ、レンズは Leica Summicron 50mm F2.0 沈胴式。大きな写真の撮影データは、焦点距離50mm、35ミリ版換算50mm、ISO 50、F2.8、1/640sでした。一枚目の写真はクリックして更に大きく見ることができます。