写真生活 on Line

カメラと写真を楽しむ豊かな生活、そして鳥が大好き

日本 文殊の森公園のコゲラとメジロ

f:id:photolifenet:20191210203836j:plain
 昨日に続いて、岐阜市近郊にある自宅から、車で10分ほどの距離にある文殊の森公園での話題です。
 ニュースでは今年の紅葉は遅いとのことでした。自宅周辺でもそれは確かなようで、今日の写真は12月9日撮影ですが、まだ野山の葉は枯れておらず、しっかり紅葉の色合いを残しています。

f:id:photolifenet:20191210203854j:plain
 この文殊の森公園に多く植えられているドウダンツツジは今が盛りで、どの木も真っ赤に紅葉しており、今こそが見ごろといえるほどです。
 そんな紅葉の中でこの日、園内でいくつかの野鳥たちに出会いました。
 1枚目がコゲラで、メジロの群れと一緒に移動していました。かなり近くまで来てくれたのですが、残念ながら枝葉に邪魔をされ、何とか撮れたのが今日の一枚です。

f:id:photolifenet:20191210203910j:plain
 2枚目は群れで移動していたメジロの中の一羽で、こちらも動きが速かったことからたくさんいたにも拘らずうまく撮れませんでした。
 でもこれらの野鳥の背景が、紅葉に彩られとてもきれいですね。こういった四季の中での野生の写真は見応えがあると思います。
 2枚目は展望台への登山の途中で、樹間から見た霧のかかった濃尾平野と、その向こうは揖斐高原です。日本の美しい秋の景色ですね。

f:id:photolifenet:20191210203930j:plain
 使用機材のカメラはSony Cyber-shot RX10 Ⅳ。大きな写真の撮影データは焦点距220mm、35ミリ版換算600mm、ISO 400、F 4.0、1/400sでした。また、大きな写真はクリックして更に大きく見ることが出来ます。

日本 文殊の森公園のジョウビタキ

f:id:photolifenet:20191209193523j:plain
 先日12月7日、岐阜市近郊にある自宅から、車で10分ほどの距離にある文殊の森公園に行ってきました。
 公園内に整備されている、山々を縦横に走る散策道は四季の移り変わりを楽しめ、またさまざまな野鳥を観察することができます。しかしここを訪れる人は少なく、40台ほどを停められる駐車場が一杯になることはまずありません。まだここの良さがまだ広く知られていなからかもしれません。

f:id:photolifenet:20191209193542j:plain
 1枚目、2枚目の写真は、駐車場近くにあった木に来ていたジョウビタキのオスで、彼はここに写っている紫色の木の実を食べるのでしょうか。
 インターネットで調べてみると、
ジョウビタキは普段、クモなどの昆虫を主食として食しています。 しかし、餌の少ない冬場には、ピラカンサヒサカキの実も好物として食べています。」
とありました。この写真に写っているのがその木の実なのかどうか分かりません。

f:id:photolifenet:20191209193600j:plain
 3枚目の写真は、舗装されたメインの登山道から外れた、ドングリの小道というコースの途中で撮ったもので、紅葉に彩られ、落ち葉が敷きつめられた小道の景色がいかにも美しいと思います。
  晩秋というよりもう初冬ですが、こういった景色が見られるとまたここに来たくなってしまいます。

f:id:photolifenet:20191209193620j:plain
 使用機材のカメラはSony Cyber-shot RX10 Ⅳ。大きな写真の撮影データは焦点距220mm、35ミリ版換算600mm、ISO 400、F 4.0、1/500sでした。また、大きな写真はクリックして更に大きく見ることが出来ます。

日本 散歩道のアオサギなど

f:id:photolifenet:20191207230012j:plain
 岐阜市近郊にある自宅は、東西の両側に低い山が連なり、中央に1級河川の根尾川が流れ、山と川の間に農地が広がっています。よって自然環境は変化に富んでおり、自宅周辺を歩くのは楽しくまた興味深いことなのです。
 風景の四季の移り変わりは四季それぞれに美しく、とても絵になる場面があり、普段から見慣れている私がそう思うのですから、日本にあこがれを持つ外国の人が見たら、もっと感動するのではと思ったりもします。

f:id:photolifenet:20191207230030j:plain
 春の桜並木の花吹雪、山が一斉に賑わしくなる新緑の季節、真夏のセミの声、山が赤と黄色に染まる紅葉の頃、雪化粧した農村の静かな朝等々、どれもこれも歌にうたわれるような美しい絵になる景色ばかりです。
 普段そんな風景を見慣れている私たちは、その価値を過少評価してしまいがちですが、もしかしたらそれは世界がうらやむ絶景なのかもしれません。
 今日の写真は、普段私が散歩する北周りのコースではなく、1か月に1度ほどしか行かない南回りのコースでの写真です。

f:id:photolifenet:20191207230049j:plain
 1枚目は、かつては水田だった草地にいたアオサギですが、彼らは民家の庭にある池の大事な魚までも捕ってしまうことから、最近は害鳥ともいえる、あまり歓迎されない鳥です。
 2枚目は道端の野草にいたミツバチで、その時カメラに付けていたズームレンズの望遠端で撮りました。そのマクロ性能はなかなかの実力です。
 3枚目は当時まだ咲いていた遅いコスモスで、白とピンクがほとんどの淡い色の花ばかりでした。その淡い色とぼけた背景に、人物が浮かぶように、そしてくっきりと写っており、変わった雰囲気 の写真だと思います。

f:id:photolifenet:20191207230116g:plain
 使用機材のカメラは SONY α77Ⅱ、レンズは SONY 70-300mm F4.5-5.6 G SSM。大きな写真の撮影データは、焦点距離300mm、35ミリ版換450mm、ISO 400、F5.8、1/640sでした。一枚目の写真はクリックして更に大きく見ることができます。

ベリーズ アルツンハ マヤ遺跡公園

f:id:photolifenet:20191206194807j:plain
 中米の国ベリーズには、国内のあちこちにたくさんの古代遺跡がありますが、日本ではほとんど知られていません。もっともそれ以前にベリーズの国そのものを知らないのではないでしょうか。
 メキシコにはたくさんの古代遺跡があることは多くの人がご存知かと思いますが、それらの遺跡のほとんどはユカタン半島に散らばっています。そのユカタン半島の付け根のカリブ海側に位置するのがベリーズですから、古代マヤ文化圏に入っているのです。

f:id:photolifenet:20191206194824j:plain
 カリブ海沿岸に位置するベリーズ最大の都市であるベリーズシティから、車で1時間ほどの距離に、都市に最も近いマヤ遺跡、アルツンハがあります。
 アルツンハは国内では中規模の遺跡群で、大小いくつかのピラミッドがあり、それらのいくつかがきれいに復元されています。
 今日の写真は、ピラミッドの集まる広場の入り口から見た光景で、ここを訪れた人が最初に目にする場面です。見えているのはここでは4番目と5番目の規模の綺麗に復元されたピラミッドです。

f:id:photolifenet:20191206194839j:plain
 2枚目は1枚目で見えているピラミッドを横から見ているのですが、いずれの角度でもどっしりと落ち着いた美しい形をしています。また、右に見えているのはまだ復元されていないピラミッドで、ここでは2番目の規模を誇ります。
 3枚目は、この国で最もポピュラーなインコで、この遺跡公園内でもよく見かけます。

f:id:photolifenet:20191206194744j:plain
 使用機材のカメラは Fujifilm Finepix F200EXR。大きな写真の撮影データは、焦点距離6.4mm、35ミリ版換算 30mm、ISO 200、F9.0、1/200sでした。また、大きな写真はクリックして更に大きく見ることが出来ます。

日本 身近な石器時代の遺跡

f:id:photolifenet:20191204194125j:plain
 岐阜市近郊にある自宅から、車で10分ほどの所に市が管理する文殊の森公園があります。そこはいくつかの山全体を公園化し、縦横に散策道が設けられていますから、四季の自然を楽しみながら山歩きが手軽にできます。
 散策道沿いには桜の並木があったり、紅葉のためのもみじやドウダンツツジが植えられており、春と秋は特に美しい景観を楽しむことができますし、自生しているのか分かりませんが、桜のシーズンが終わる頃に沢山のつつじもきれいに咲きます。

f:id:photolifenet:20191204194147j:plain
 先日の12月1日、このシーズン最後の紅葉を楽しもうと、この公園に行ってきました。いつも登るアスファルト舗装のメインのコースを途中ではずれ、ドングリの小道を歩きました。
 このコースはあちこちにドウダンツツジの群生地があり、見事な紅葉が楽しめました。それらを過ぎた辺りで今日の写真の、古代のお墓らしき遺跡に出会いました。
 大きな岩の隙間から覗いてみると、掘られた壁がきれいに石積みされた空間があります。深さは1m以上、幅が1.2mほどで、長さははっきり見ませんでしたが、人が横になって寝られる大きさに間違いありません。隙間から覗いた内部の石積みの写真が2枚目です。

f:id:photolifenet:20191204194201j:plain
 これは、北のマヤや南のインカ文明の影響を受けたとされるコスタリカ古代文明の地で見たお墓とよく似た形状でした。どちらも石器時代のものと思われます。
 この写真のお墓らしき縦穴の上部に大きな岩が置かれておりますが、オリジナルは多分隙間なくしっかりと蓋をされていたものと想像します。
 ただこの岩、テコを使ったとしても簡単に動かせるような大きさではありませんから、こんな傾斜のきつい山の中でどうやってこれを造ったのか、不思議です。
 近くにはこの遺跡に関する説明がなかったのですが、もう一度この遺跡を訪れて詳細に見たいと思っています。それにしてもこんな身近に遺跡があるとは知りませんでした。
 3枚目はこの遺跡近くで撮ったこの秋最後の紅葉です。

f:id:photolifenet:20191204194102j:plain
 使用機材のカメラはSony Cyber-shot RX10 Ⅳ。大きな写真の撮影データは焦点距8.8mm、35ミリ版換算24mm、ISO 400、F 4.0、1/320sでした。また、大きな写真はクリックして更に大きく見ることが出来ます。

日本 背景は物足りない根尾谷の紅葉

f:id:photolifenet:20191202215759j:plain
 昨日1日の日曜日、2日の月曜日は職場が休みなのですが、天気予報では雨とのことで、日曜日が今年最後の紅葉狩りのチャンスでした。
 岐阜市近郊にある自宅から、車で10分ほど北に行くと根尾谷渓谷の紅葉撮影ポイントがあり、毎年ここで色づいた山を撮っているのですが、今年最後のチャンスと出かけました。
 しかし期待に反して、太陽の位置や空気の水蒸気量など様々な条件を差し引ても、今年のこの紅葉ポイントは残念ながら綺麗ではありませんでした。
 1枚目の写真がその日に撮った一枚で、少しかすんだ背景の山は彩度が薄く、手前の谷の木々の葉は茶色く枯れたような感じで、イメージする紅葉とは程遠いものでした。

f:id:photolifenet:20191202215814j:plain
 ちなみに2枚目は2016年に撮った一枚ですが、こちらは1枚目と違って葉が鮮やかに色づいています。雨上がりであることを考慮しても明らかに彩度が違います。ここ数年ではこの2016年の紅葉が最もきれいだっと思っています。
 紅葉は最も美しい時期が意外と短く、モミジ以外は多分1週間程度でピークを過ぎるのではないかと思っています。その点で、2016年と維持は勤めに出ておらすず、チャンスは毎日あったのですが、今年は週に2日だけの機会しかなかったことから時期を逃してしまったとも言えるかもしれません。
 このポイントの今年の紅葉はこれで終わりましたから、また来年を楽しみにしたいと思っています。この地点が私の通勤路であれば見逃しはしないのですが。

f:id:photolifenet:20191202215734j:plain
 使用機材のカメラはSony Cyber-shot RX10 Ⅳ。大きな写真の撮影データは焦点距15.7mm、35ミリ版換算43mm、ISO 400、F 4.0、1/500sでした。また、大きな写真はクリックして更に大きく見ることが出来ます。

ベリーズ 背景は南の島の海岸線

f:id:photolifenet:20191201195919j:plain
 中米の国ベリーズは、メキシコの領土が大部分を占めるユカタン半島の付け根にあり、国の東側はカリブ海に面しています。
 そのカリブ海は遠浅で、海岸から沖に何十キロにも渡ってサンゴ礁の海となっており、オーストラリアに次いで世界第2位の規模のサンゴ環礁が続いています。
 ベリーズ領海に島はあるのですが、いずれも水面にマングローブだけが茂る森で、土のある島は意外と少ないのです。

f:id:photolifenet:20191201195939j:plain
 その少ない島の2つに人が住んでおり、それらはかつては漁師の島でしたが、今は観光地として賑わっており、海外特に欧米からたくさんの観光客が訪れています。
 2つの島はどちらも海洋リゾートして世界的に有名で、この国の最大の都市であるベリーズシティに近い方がキーカーカーという名の、どちらかといえばバックパッカーの多い庶民的な島となっています。
 そしてもう一方の島が、キーカーカー島から船で更に40分ほどの遠方にある高級リゾート地で、島の海岸沿いにはデザインの凝った高級ホテルや別荘が立ち並んでいます。遠いといっても沖に出るのではなく本土の海岸に沿って北の方角になります。

f:id:photolifenet:20191201195954j:plain
 今日の写真はその高級リゾート地のアンバーグリスキー島での3枚で、真っ平な海岸線はヤシの木に覆われていますが、その奥には建物があり3枚目の写真のように、そこから水辺に続くビーチの砂は白く、まるで絵に描いたような南国の景色が広がっています。
 また遠浅であることから、船をつけるために沖に向かって長い桟橋が造られていますが、そこから見る水中には、様々な熱帯魚が泳いでいるのを見ることができます。
 ベリーズに滞在している当時はそれほどでもなかったのですが、今になって思い返してみると、あの二つの島はまさにこの世の楽園だったとしみじみ思います。

f:id:photolifenet:20191201195853j:plain
 使用機材のカメラは Fujifilm Finepix F200EXR。大きな写真の撮影データは、焦点距離6.4mm、35ミリ版換算 30mm、ISO 200、F9.0、1/280sでした。また、大きな写真はクリックして更に大きく見ることが出来ます。