写真生活 on Line

カメラと写真を楽しむ豊かな生活、そして鳥が大好き

トレールコースの野鳥たち

f:id:photolifenet:20170115173808j:plain

 この中米B 国には、バードウオッチングの場所として最も有名なクルックドツリー野生生物保護区があります。そこは、この国の最大の都市から車で1時間ほどの距離で、保護区内には村があり、レストラン、ホテルなどがありますから気軽に訪れることができます。

f:id:photolifenet:20170115173834j:plain

 保護区は国から委託されたNGOが管理しており、彼らの活動の成果の一つであるトレールコースが、湖畔の一部に設けられています。乾期で水位が下がり多くの水鳥たちが見られるシーズンには、湖畔のどこからでも素晴らしい野生の景観を楽しめますが、雨期のオフシーズンには退屈な保護区となってしまいます。
 そんな時、トレールコースをたどってみるのがお勧めで、途中のぬかるむような場所は木製のデッキで歩道が整備されており、軽装で自然観察を楽しめます。
 今日の写真は、そのトレールコースで見かけた Rufous-tailed Hummingbird (ラフォウステイルド ハミングバード)で、下の小さな写真は、そのすぐ近くにいた Black-and-white Warbler(ブラックアンドホワイト ワーブラー)です。
 またこのコースでは野鳥の他に水の上を走る奇跡のトカゲ、バシリスクをよく見かけますから、ここは雨季のおすすめスポットで、終点にはホテルがありますから、暑い中で喉の渇きをいやすことができるもの利点です。

f:id:photolifenet:20170115173721j:plain

 カメラはSony α77Ⅱに、レンズはSony 70-300 G SSM。大きな写真の撮影データは、焦点距離300mm、35ミリ版換450mm、ISO1,600、F5.6、1/250sでした。また、大きな写真はクリックして更に大きく見ることが出来ます。