写真生活 on Line

カメラと写真を楽しむ豊かな生活、そして鳥が大好き

襲われたツグミ

f:id:photolifenet:20170102231719j:plain

 昨日久しぶりに、岐阜の本巣市にある自宅近くの、いつもの散歩コースを歩いてみました。このコースは川に沿って200m程歩き、その後は柿畑の中500m程を横切ります。
 川に沿って歩きはじめる場所は、冬のシーズンになるといつもカモがいるポイントで、ここには腰を低くして注意深く近づいて川を眺めます。いました、いました。今年初めて見るマガモが7羽ほど泳いだり、川岸に上がって休む様子が見えます。でも距離がかなり遠く手持ちの望遠レンズでは鮮明に捉えることができません。このポイントでは少なくとも400mmの望遠レンズが必要です。
 その後しばらく行くと、葉の落ちた大きな木に20羽ほどのツグミたちの群れがいました。それらに静かにに近づいて撮った一枚が今日の写真です。群れの多くは人が近づくと逃げるのですが、中には警戒心が低いのか、あまり気にしない個体もいます。
 その逃げないツグミを撮ってカメラのモニターで写真を確認していた時でした。ツグミと思われる弱々しい悲痛な悲鳴が聞こえました。何事かと思い顔を上げると、大きな鳥が足に小鳥をわしづかみにして、まさに飛び去るところでした。大きな鳥は多分、大きさ、色からしてオオタカだと思います。

f:id:photolifenet:20170102231804j:plain

 驚きました。タカが小鳥を襲う瞬間に出会ったのは初めての経験です。襲った瞬間を見たわけではないのですが、あの悲鳴とわしづかみの場面が脳裏に焼き付いています。位置とタイミングからして、襲われたのは多分この写真の個体だと思います。やはり警戒心が低かったのでしょうか。野生の世界は厳しいですね。ご冥福を祈ります。

f:id:photolifenet:20170102231842j:plain

 カメラはSony α77Ⅱに、レンズはSony 70-300 G SSM。大きな写真の撮影データは、焦点距離300mm、35ミリ版換算450mm、ISO400、F7.1、1/800sでした。また、大きな写真はクリックして更に大きく見ることが出来ます。