写真生活 on Line

カメラと写真を楽しむ豊かな生活、そして鳥が大好き

殺気ただよう Roadside Hawk (ロードサイド ホーク)

f:id:photolifenet:20170315195004j:plain

 昨日、この中米ベリーズ国の最大の都市に近い郊外へ、バードウオッチングを目的に出かけ、いつもながらその道路に迫るジャングルのある道筋で、様々な鳥を見ることができました。

f:id:photolifenet:20170315195016j:plain

 猛禽類では、川に架かる最初の橋の上に立っていた時に、上空をミサゴとコモンブラックホークが横切って行きました。また橋のたもとの高い木のてっぺんではバットファルコンが、いつものように辺りをじっと見張っていました。
 そしてこの辺りでは、毎回ほぼ確実に見ることができる Roadside Hawk (ロードサイド ホーク)が、いつもの場所の電線に停まっていました。電線の上の鳥ですから、撮っても絵にならないなと思いながら、それでも車を停めしばらく見ていると、先ほどから何やらに注意を払っているような仕草だった彼は、やおら飛び立ちました。
 そして行った先が今日の写真の場所です。これは民家の敷地の中にある小屋の骨組みのようですが、彼はこの上でじっと辺りを見ていました。何か獲物になりそうなものでも見つけたのでしょう。猛禽らしい鋭い目つきですね。
 下の小さな写真は、同じ日に別の場所で撮った一枚です。
 カメラはSony α77Ⅱに、レンズはSony 70-300 G SSM。大きな写真の撮影データは、35ミリ版換450mm、ISO400、F56.3、1/1,000sでした。また、大きな写真はクリックして更に大きく見ることが出来ます。